ブログ運営

『WordPressエラー』“Briefly unavailable for scheduled maintenance.”アップデート時発生した時の対処方法:図解あり【jin】

WordPressを利用していて、突然この画面がくると焦ります↓↓

“Briefly unavailable for scheduled maintenance.”

もしくは

“現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。”

このメッセージが“WordPress”の“プラグインアップデート時(更新)”に画面に流れると、反応もせずページが開けなくなり焦りますよね。
*プラグインのアップデート時(更新)以外にも“本体のアップグレード”時などにも発生するようです。

当記事では、WordPressで“Briefly unavailable for scheduled maintenance.”とエラーが出てメンテナンスモードが解除されなくなった時の対処方法を解説します。

*ちなみにWordPressのテーマは「jin」を使っています。ブログ未経験でも、使いやすくて本当に良いですよ!

WordPressのエラーで“Briefly unavailable for scheduled maintenance.”アップデート時発生した時の対処方法

エラーの直し方はファイル「.maintenance」ファイルの削除を行う

エラー表示である“Briefly unavailable for scheduled maintenance.”が出るとサーバーに「.maintenance」というファイルが残ってしまいます。

解決するためには

『WordPressディレクトリ』にアクセスして「.maintenance」を削除する

です。

下記にて手順を記していきます。

ちなみに私はmixhostを使っているため、手順の画面はmixhostの手順画面になりますが、xserverにもファルマネージャーはあるため、mixhostと要領は同じですのでxserverの方やその他の方も参考にしてみてください。

エラー元である「.maintenance」ファイルの削除の手順

mixhostの場合はまずmixhostアカウントにログインします↓>>mixhost公式HP

マイサービスのサービス名をクリック↓

左側にあるアクション内の「cPanel」にログイン↓

左上にある「ファイルマネージャー」をクリック↓

public_htmlをクリック↓

「.maintenance」が表示されたら、『右クリック→Delete』を選択↓

ファイルを完全に削除し、終了です↓
*ファイルを削除前にもう一度ファイル名を間違えていないか、チェックをしておきましょう。

これで普段どおり、WordPressにログインできるようになりました。

前述したように、上記画像はmixhost手順画像ですが、xserverやその他のサーバーでも基本対処方は同じため、ご自身のサーバーに合わせて対処しましょう。

今後は防ぐために“Briefly unavailable for scheduled maintenance.”エラー表示の原因を知っておく

“Briefly unavailable for scheduled maintenance.”
もしくは
“現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。”

今回の記事にあるエラーの原因は、WordPressのプラグインのアップデート時(更新)やテーマのアップデート時(更新)の最中に、ページを更新または再読み込みをすることが主な理由です。
*PCがMacであれば【コマンド⌘+R】です。

アップデート時にページ更新や再読み込みをすると、メンテナンスモードが解除されません。

よって、エラーを画面である“Briefly unavailable for scheduled maintenance.”が表示されたままになってしまうため、アップデート時は今後は触れないほうが賢明です。

エラーの対処方法まとめ

WordPressのアップデート時における“Briefly unavailable for scheduled maintenance.”もしくは“現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。”のエラー対処方法でした。

以下にまとめると

エラー表記が出た場合は↓

FTPクライアントまたはサーバーファイルマネージャーに接続して『WordPressディレクトリ』にアクセスして「.maintenance」を削除する

今後はエラーにならないために↓

WordPressのアップデート時やプラグイン更新中に、ページを更新または再読み込みをしないこと
*PCがMacであれば【コマンド⌘+R】です。

とはいえ、WordPressアップデート時やプラグイン更新時はついうっかり触ってしまいがちなので、操作ロックなどのような多少強引でもいいので、エラー対策をしてくれるとありがたいな〜と思います。

それでは皆様よきブログライフを!!