転職サイト・エージェント

しろくま介護ナビ【体験談まとめ】評判・悪い口コミは本当?脱ブラック施設のため徹底解説!

『脱ブラック介護施設』に総力を挙げ、徹底的に介護転職時にブラック介護施設を排除している介護職に特化している転職エージェントの一つしろくま介護ナビについて紹介します。

この記事は転職を2回行い(うち1回しろくま介護ナビにお世話になった)28歳介護士(初任者研修)として年収380万円を越えてホワイト企業に転職出来た私がわかりやすく説明していきます。

『しろくま介護ナビ』はホワイト企業へ務める近道として、転職する介護職員には名のしれいている転職エージェントです。

ブラック介護施設・介護法人から抜け出すには『しろくま介護ナビ』が評判いいんやで!
私の知人も、妊娠出産のあと介護士に復帰する際に『しろくま介護ナビ』を使った人を知ってるよ!

『しろくま介護ナビ』は30項目に及ぶ、独自の基準でホワイト介護施設・介護法人のみを厳選しているので、今よりホワイト企業に勤めたい方に是非おすすめの転職サイト・エージェントです。

では、しろくま介護ナビについて『評判・口コミ・特徴』『メリット・デメリット』『向いている人・向いていない人』について、実体験&しろくま介護ナビ公式を調べた情報をわかりやすく解説していきます。

しろくま介護ナビの会社情報

しろくま介護ナビ(旧 ハートフル介護士)は、介護職員向けの完全無料転職求人サービスです。「脱ブラック介護施設」をビジョンに掲げている介護職員向けの完全無料の転職求人エージェントサービスです。

運営会社名株式会社サクシード
運営介護紹介事業しろくま介護ナビ
求人件数非公開(約5,000〜10,000件ではないかと言われています)
※2020年5月1日現在
設立日2004年4月
募集職種介護士・ヘルパー、看護師、ケアマネジャー、生活相談員、機能訓練指導員、計画作成担当者、管理職、介護事務、栄養士、管理栄養士など
雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト
掲載地域全国対応可:関西・関東方面が求人数豊富
※地方は求人が少ない
利用料金完全無料

介護転職エージェント企業としては、比較的新しい企業ですが、その実力は本物で独自の厳格なルールをもとに「脱ブラック介護施設」を掲げてホワイト介護施設への紹介を可能にしています。

求人数は非公開なのですが、私が利用した際に担当コンサルタントと話をしていておおよその数字で「5,000〜10,000前後くらい」って教えてくれたよ!

しろくま介護ナビはエージェント経由で転職を考えている介護職員は選択肢の一つとして計算できる企業の一つです。

しろくま介護ナビは転職エージェントサイトとして利用満足度は96.3%と業界でもトップクラス!

介護転職エージェントが多く存在している中でも、この利用満足度は中々みれる数字ではありません。介護転職エージェントおすすめランキングにて発表している転職エージェンとの中では堂々の2位です。

しろくま介護ナビが多くの転職者から支持されている理由は「なんといっても脱ブラック介護施設を徹底していること」に尽きます。

しろくま介護ナビの求人内容の早見表

総合満足度:3.8

しろくま介護ナビを実際に利用した方の評判を5段階評価で以下の早見表の通りです。

1人あたりの求人紹介数
人間関係良好
ホワイト企業
給与・賞与・手当充実
土日休み
年間休日120日以上
有資格者向け
利用者満足度

脱ブラック介護施設以外にも、後述するしろくま介護ぼデメリットにも直結する内容ですが、「一人あたりの求人数の少なさ」と「有資格者が優遇される」が特に偏っているため、早見表もバランスの良い評価点というよりは、くせの強い表になります。

しろくま介護ナビの利用者は、現在ブラック施設・法人で働いている介護職員が多いです。よって、今の悪い労働環境から抜け出し、ホワイト介護施設に転職を求めている方が「しろくま介護ナビ」を利用しています。

しろくま介護ナビの年間利用者は23,500人で、満足度は96.3%と転職エージェント業界内でも高水準の利用満足度となっています。

しろくま介護ナビの『6つのメリットと特徴』

目次に戻る
しろくま介護ナビにはどんな特徴やサービスがあるのかを紹介していきます。

6つのメリットと特徴
  1. 厳選されたホワイト求人のみの紹介
  2. 専属アドバイザー(エージェント)が自ら施設へ足を運んで施設チェックをしている
  3. 会社独自の厳しい30の基準を設け介護施設を選択している
  4. ブラック介護施設の徹底排除
  5. 転職時の介護施設情報が整理しやすい
  6. 紹介のみではない万全なサポート体制

上記の5つのメリット・特徴を順にわかりやすく解説していきます。

《その①》厳選されたホワイト求人のみの紹介

しろくま介護ナビは非公開求人の質が良い

転職エージェントは、求人数の量より実は『非公開求人』の質・量のほうが大切です。転職求人サイトは担当コンサルタントがつかないことと、非公開求人もないサイトが多いため、求人量やサイトの操作性等が重要になってきます。

転職エージェントと転職求人サイトの違いを知りたい方は「【2020年版】介護士おすすめ転職求人サイト&エージェントのランキング」の前半部分で説明していますので、是非読んでみてくださいね。

では、非公開求人について、わかりやすく説明します。

非公開求人とは

実は求人サイトや広告に掲載されている求人情報はすべてではありません。一般には公開されておらず会員になることにより『非公開求人』を紹介してもらえる仕組みです。
これは私が企業の採用側のことも知っているからこその情報ですが、転職サイト・エージェント側にもお得意様がいて、より良い施設にはより良い人材を紹介するルートもあります。

非公開求人を目当てに転職エージェントを利用する人も多いのはこれが理由です。

そして、採用する企業側もミスをしたくないので、転職エージェントを経由する大きな理由の1つでもあります。

しろくま介護ナビの非公開求人情報は何に特化しているかわかりやすい

非公開求人情報はそれぞれの転職エージェントの方針により、何に特化しているかで取り扱っている非公開求人情報が異なります。

しろくま介護ナビを含めて、その他の転職エージェント企業の非公開求人情報の特徴は以下の通り

一目でわかりやすい介護転職エージェント一覧

このように何に特化している転職エージェントかで、非公開求人情報の特徴がひと目でわかりやすくなっていることがメリットの一つでもあります。

《その②》専属コンサルタント(コーディネーター)が自ら施設へ足を運んで施設チェック

実際に足を運んでいるのは本当に安心できました!何を聞いても知っている感じが他のエージェントにない要素でしたね。

介護施設のハード面などを把握しているアドバイザーはいますが、しろくま介護ナビの専属アドバイザーはなんと『人間関係』まで把握しています。

しろくま介護ナビの担当者に実際に「人間関係」について聞いてみると、●●施設は男女比がこのような状況で〜、△△は年齢層が〜、と聞く質問に対してレスポンス良く正確な情報を提供してくれます。

介護転職エージェントの中では、しろくま介護ナビが一番施設のことを把握しているように感じます。やっぱり直接施設に出向いて営業をしている努力が出ていると感じますね。

《その③》会社独自の厳しい30の基準を設け介護施設を選択している

非公開案件も扱っているため、登録をしないと紹介されない案件があります。また、独自の審査基準を設けており、その項目数はなんと約30項目あります。

この厳しい30項目の基準をクリアした施設のみの紹介しているため、必然的に取り扱っている施設・法人がホワイトな条件のみになっています。なので、紹介する介護施設が必然的にホワイト企業のみになっています。

《その④》ブラック介護施設の徹底排除

(旧 ハートフル介護士)しろくま介護ナビは、ホワイト企業案件を最重要視しているため、これまでの情報の通り、扱っている求人案件の方針が「とにかくホワイト企業」の紹介に徹しています。

そこには「残業なし、有給休暇を取得しやすい、人間関係が良い、ストレスを抱えることのない雰囲気の良い施設」へ転職を全力でサポートすることにより、介護業界が少しでも盛り上がり人材不足と言われている介護業界の一翼を担う経営姿勢・ビジョンがあるためです。

介護施設では、最悪な介護施設いわゆるブラック介護施設が存在しています。

しろくま介護ナビのように、求職者に情報が挙がる前に徹底的に排除するような取り組みをしてくれているのは安心できたよ!

しかし、100%防げるわけではありません。理由は後述の「デメリットその③」で説明します。

最悪なブラック介護施設について詳しく知りたい方は「《介護職員必見》最悪なブラック介護施設の12の特徴をチェック!」を是非、読んでみてくださいね。

《その⑤》転職活動時の介護施設情報が整理しやすい

転職求人サイトや求人情報のボリュームを抱えている転職エージェントを活用した方なら、想像出来ると思います。

求人情報が多いメリットは「より良い情報を仕入れる確率が高くなる」ことがありますが、デメリットとしては「求人情報である介護施設の情報が整理しにくい」という欠点があります。

私の場合かなり条件を絞っていたので最初の登録した時以外は、更新に合わせて1週間に1度くらいの求人紹介ですごく楽でした!

求人情報が少なく介護施設情報が整理しやすいは一長一短
条件をかなり絞ると求人情報が整理しやすいが、とにかく情報を集めたい!いろんな施設情報を比較したい!という方には向いていないです。

《その⑥》紹介のみではない万全なサポート体制

施設の紹介後に困ることといえば、履歴書の作成・添削や面接に不安が残ると思いますが、この辺りの対策も完全無料でサポートがあります。

丸投げではないから、わからいことがあったらいつでも頼れるのは大きかったよ!転職エージェントの一番の利点かもしれない…

さらに、自分では交渉しにくい内容『給料交渉』『雇用形態』『勤務時間』などを専属アドバイザー(エージェント)が代行してくれるため、満足のいく転職活動が行えます。

転職エージェントでも対応が悪いところあり
転職エージェントで「転職活動全般サポートします」と謳っていても、手厚くサポートしてくれない企業があります。しろくま介護ナビは実際に「悩み、相談」を始め履歴書添削なども行ってくれるため、転職活動時において心強い味方と言えますね。

しろくま介護ナビの『3つのデメリット』

目次に戻る
しろくま介護ナビを実際に使用して体験者が感じたデメリットを3つ説明します。

《その①》求人数が多くない

厳選されたホワイト施設・法人のみの紹介なので、求人数が多くはないです。

実際に使ってみるとわかるのですが「ホワイト企業の求人てこれだけ?」って予想以上に少なかったよ。

ホワイト企業のみで減産されすぎている案件だと、質の良い求人に出会えう確率が高くなるメリットがある一方で求人数が少ないというデメリットもありますね。

しろくま介護ナビに登録されていない施設・法人でもホワイト介護施設ももちろんたくさんあります。

《その②》首都圏、関西圏以外の求人数の少なさ

しろくま介護ナビの対応エリア
全国特に強いのエリアは『東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県』と『関西圏』です

地場での地道な営業を行い、直接施設を選別しているため、全国対応をしていますが『関西圏・関東圏』エリアに強いです。逆に、地方に関しては求人数がかなり少ないエリアもあります。

上記の通り、全国の対応は行っていますが時期によっては求人を取り扱っていない地域もありますので、しろくま介護ナビで無料登録後直接ご自身が希望するエリアの問い合わせをすることをオススメします。

体感:首都圏と地方を比較した場合の求人数の違い

しろくま介護ナビは求人数が非公開のため、これはあくまで体感値的な求人数のお話になります。

10件求人あるとしたら9件が首都圏&関西圏で残り1件が地方求人情報って割合いかな?

実際に、Uターン転職を想定して九州の求人案件と首都圏の求人情報をもらってみると、求人数の差が圧倒的に異なった背景があります。

《その③》ブラック介護施設を排除していても選択してしまう可能性がある

この問題は正直言って、しろくま介護ナビならず転職エージェント側では防ぎようがありません。

なぜかというと、しろくま介護ナビ側が悪いのではなく、「介護施設側」がしろくま介護ナビに虚偽の情報を伝えていること。

しろくま介護ナビでは前述の通り、独自の30項目をクリアした厳選されたホワイト介護施設のみを登録して、介護転職者に紹介しています。

しかし、この30項目をチェックする段階で、虚偽の報告をする介護施設が0ではありません。しろくま介護ナビに「ホワイト介護施設を紹介されなかった」というクレームがあるようですが、大半がこの介護施設側が騙していたパターンが当てはまります。

こればかりは、実際に施設に足を運んでいる転職エージェントのしろくま介護ナビでも防ぎようがないため、どれだけホワイト介護施設を厳選していてもこのリスクは生じることは認識しておいたほうが良いです。

最悪なブラック介護施設に騙されないようにするには?

まずは相手を知ることが重要です。最悪なブラック介護施設は必ず見学時や面接時に違和感を覚えるはずなので、情報収集しておきましょう⇓

《介護職員必見》最悪なブラック介護施設の12の特徴をチェック!どうもひろぺんです。 介護企業の役員をしています。 このブログは『わかりやすい言葉』『誰でも読める』をテーマにして日々の生活のプ...

上記の記事をご覧いただき、理解できるとかなりの確率でブラック介護施設の見極めがつくため、事前に準備をしてから転職エージェントに登録をして転職活動をすることをオススメします。

しろくま介護ナビの評判・口コミ一覧『実際に利用した感想』

目次に戻る
ここで知り合い転職エージェントやSNS・yahoo知恵袋より、提供された『実際にしろくま介護ナビ』を使った他の求職者の口コミを紹介しますね!

良い評判・口コミ

ホワイト介護施設へ環境を変えたい

利用者情報
40代半ば 女性 介護福祉士
転職のきっかけ
ブラック介護施設で劣悪な環境だったため
評価
利用した感想初めての転職活動で年齢も年齢だったので正直不安で転職活動をする際、正直勇気を振り絞りました。これまでずっと劣悪な環境で仕事をしていたので、ホワイト介護施設で勤めたいと考えていたところ、しろくま介護ナビさんの登録をして、バックアップがとても頼もしく、スムーズに希望通り転職ができました。

最悪なブラック介護施設は本当になくなれば良いのですが、これは介護業界に限らず、他の業界でもブラック企業テーマは一生のテーマになりそうです。

年間休日120日や労働環境を最優先

利用者情報
30代前半 女性 介護職員初任者研修
転職のきっかけ
今まで月8回休みで年間100日ちょっとしか休みがなかったので「ライフワークバランス」のために増やしたかった
評価
利用した感想転職は3回目です。知人がオススメしていたこともあり、今回初めて転職サイトを使いました。合計4社登録したのですが、施設に一番詳しかったのがしろくま介護ナビさんでした。気になることを何度も質問しましたが、嫌な感じを一切だされることなくストレスフリーで転職することができました。終始安心しておまかせすることが出来ました。
年間休日120日の介護施設が思った以上に少なかったですが、無事に内定をいただくことができ感謝です。一言挙げるなら、年収もUPしたかった笑(現状維持)

実際に介護施設に足を運び情報を仕入れているだけあって、担当コンサルタントは掲載されている求人にかなり詳しい印象があります。

人間関係まで把握している転職エージェントはしろくま介護ナビくらいではないでしょうか。

30歳手前でキャリアアップを図りたい

利用者情報
20代後半 男性 介護福祉士
転職のきっかけ
結婚前の転職でキャリアアップを図りホワイト企業で働きたい
評価
利用した感想まもなく30歳になるため、そろそろ結婚も視野にいれており、今のままでは結婚が出来ないと思いました。しかし介護職から離れる考えはなかったので、ゆくゆく年収を500万円を狙っていけるような施設かつホワイト企業の条件を担当コンサルタントにお願いしました。
結果的に年収300万円が380万円になり、労働環境もかなりホワイトな介護士施設へ転職できたので、本当によかったです。

よい形で30歳を迎え入れることができそうでよかったです。「行動する人には結果がついてきやすい」典型的な例ですよね。

やはり、しろくま介護ナビでは担当コンサルタントが自ら施設に足を運んで、情報掲載するのか選定していることも大きいです。徹底的に「ホワイト介護施設を紹介」することをモットーにしているからこその評判だと感じます。

悪い評判・口コミ

30歳で異業種の介護職へチャレンジ

利用者情報
30代半ば 男性 無資格未経験介護職員
転職のきっかけ
異業種へのチャレンジをしたい
評価
利用した感想自分は異業種からの転職でしたが、前職がブラック企業だったのでしろくま介護ナビさんを登録して利用しました。
しかし、条件が地方+無資格+未経験だったので、希望条件に合うところが全くなくて、結局他社で決めました。対応は良かったです。

地方の求人案内はやはり少ないですし、しろくま介護ナビ自体が『有資格者』を前提とした介護求人案内を中心に紹介しています。

無資格未経験と地方求人案件という2つの難しいパターンが重なると中々決めることができないかもしれないね。実際に有資格者の案件が大半だったから…

ホワイト企業へ転職したい

利用者情報
30代半ば 女性 介護福祉士
転職のきっかけ
今までの介護施設がブラックすぎたのでホワイト企業へ環境を変えたい
評価[jinstar0.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
利用した感想初めての転職活動で、自分一人では何をどのようにすれば「ホワイトな介護施設」に転職できるか方法がわからなかったので、しろくま介護ナビさんに求人依頼しました。
入社前に頂いてた情報と入社後の現実があまりにも違いすぎて、恨むレベルです。そのことを1ヶ月後に担当者に話をすると「すみません。先方から頂いていた情報は間違いないので…」とのことで何もしてもらえませんでした。次は違う転職求人サイトか転職エージェントを使います!!

デメリットにも記載していますが、しろくま介護ナビがいくら厳格なチェックをしていても、「介護施設側」が虚偽の報告や申請をしていると、このようなことが起きてしまい結果的にミスマッチとなってしまいます。

対処法としては、以下の通り

  • 面接前の見学に必ず行く
  • 絶対に外せない条件に対しての質問を「担当コンサルタント」に確認してもらう

だいたいブラックな介護施設は「見学」に行くと違和感を覚えるので、見学に行くか行かないかで転職活動自体成功するかしないかに直接的に影響してきます。

地方や無資格の介護士は『しろくま介護ナビ』では転職先が見つかりにくいようです。転職を行う際は転職サイト3~4社登録すると、良い転職先に当たりやすいので、参考にするといいかもですね!

SNSの口コミ

迷われている方と勧めている方は見つけることができましたが、特別に悪い口コミなども見当たらないため、担当コンサルタントとモメているケースなどはほぼないように思われます。

しろくま介護ナビに向いている人・向いていない人

目次に戻る
しろくま介護ナビの利用に向いている人と向いていない人を以下の通り記します。

向いている人
  • 正社員で長く働きたい
  • とにかくホワイト企業で働きたい
  • 初めての転職で1人では不安
  • 介護職経験済で有資格者
向いていない人
  • 派遣をメインで働きたい
  • 残業多めでもいいので、とにかく稼ぎたい

首都圏や関西圏のホワイトな介護企業の正社員の案件には強いですが、地方案件や高月給案件さらには派遣案件には特に強いわけではありません。

しろくま介護ナビに向いていない人へのおすすめ転職エージェントサイトは?

まずは転職エージェントで良いのか、転職求人サイトのほうがよいのか見直すべきかもしれません。

転職エージェントと転職求人サイトどちらが向いているか確認したい方は「【2020年版】介護士おすすめ転職求人サイト&エージェント」の前半部分にて解説していますので、確認してみてくださいね。

転職求人サイトではなく、転職エージェントと決めている場合
自分はやっぱり転職エージェントを使いたい!と考えていて、しろくま介護ナビ以外を選択肢に入れたい場合は下記を参考にしてみてくださいね⇓

地方・首都圏問わずに派遣で強いのは「きらケア(介護派遣」が高待遇・高収入で業界では有名です。(有資格者前提)正社員の高月給・高待遇案件だと「きらケア(正社員)で、無資格や未経験の求人に強いには先程、紹介したとおりかいご畑です。

《高月給高待遇のきらケア正社員の一例》⇓
非公開求人情報はどの転職エージェントもサイト登録をしないと閲覧できないため、まずは気になる企業を登録することをおすすめします。

実際に私もしろくま介護ナビときらケア正社員を併用して、両方の案件を比較することが出来たから成功した部分もあるからね!

公式サイト>>きらケア介護(正社員)
公式サイト>>きらケア介護(派遣)
公式サイト>>かいご畑

介護転職で一番大事なことは転職の理由です

これに関しては、介護転職に限らずですが、転職で大事なことは職歴や介護歴、資格の有無ではありません。

一番大事で大切なことは『なぜあなたが転職しようと思ったのか』この理由が重要です!

だからこそ、自分に合う介護転職エージェントを選択する必要があります。

登録方法(ステップ)

登録ステップ:しろくま介護ナビへ必要情報の登録(無料)

  • STEP1
    アクセス

    しろくま介護ナビへアクセスします

  • STEP2
    情報1「転職時期・雇用形態」登録
    希望の転職時期、希望の雇用形態を選択「次へ」クリック
  • STEP3
    情報2「保有資格」登録
    保有資格を選択して「次へ」クリック
  • STEP4
    情報3「名前、生年月日」登録
    お名前、生年月日を登録して「次へ」クリック
  • STEP5
    情報4「都道府県、最寄り駅」登録
    お住まいの都道府県選択、ご自宅の最寄り駅を打ち込み「次へ」クリック
  • STEP6
    情報5「電話番号(アドレス※任意)」登録(最終)
    電話番号・アドレス以上、連絡可能時間選択して送信しろくま介護ナビの登録は完了!

\登録約1分 公式HP/
【しろくま介護転職支援】無料登録ホワイト介護施設非公開求人有り
脱ブラック介護施設

登録以降の手順

①:しろくま介護ナビの担当から電話がくる

時間帯にもよりますが、平日の夕方までであれば、登録完了をしてからその日のうちに担当から電話が入ることが多いです。

ステップ1の情報をもとに、すり合わせを行い、内容を詰めていきます。しろくま介護ナビの専任エージェント(コンサルタント)との最初の内容通話時間は5分程度前後が多いです。

さらに、進んでいくと『では今後ともお願いします!』となりますので、このタイミングでご自身があまり電話をもらいたくないのであれば、『電話連絡は最低限にしてほしい旨』『求人紹介は基本、ラインかメールで欲しい旨』を先方に伝えておきます。

そして、本登録が完了します。

一度担当エージェントと電話対応した後に、本登録が完了しますので、初回だけは電話にでれるタイミング出て、対応をしなければいけません。

②:担当キャリアコンサルタントより求人紹介

前述の手順1でお願いした連絡方法で、求人情報をもらうことができます。

メールやラインでの、連絡希望をしていて、もし目にとまる気になった求人があれば、詳細を聞いても良いですし、先に見学へ行くのも問題ないです。

希望をすれば、見学は同行可能(エリアによる)なため、こちらの要望をもう一度先に全部伝えておきさえすれば、聞きにくいことなども代わりに聞いてくれます。

施設への連絡や日程調整は自分で行うのではなく、すべてしろくま介護ナビの担当が行ってくれるため、非常に楽です。

③:面接

気に入った求人や見学を通して、面接を希望する場合も直接施設に連絡をするのではなく、しろくま介護ナビの担当を通すことにより、面接の日程調整をしてもらうことができます。

見学同様、面接も同行可能であるため、面接が不安と言う方は面接対策・面接同行まで可能なので、緊張してしまったり自信がない人にはこちらのサービスはオススメです。

その後、内定が決定すれば、今後の流れ『初出勤や現在の職場の退職』などの動向予定を担当に伝えて、最後まで調整してもらい終了です。

>>しろくま介護ナビ公式ページを見る

まとめ

目次に戻る
私は、しろくま介護ナビを利用して介護転職に成功したため、売り手市場と言われている介護業界の転職事情を共有し、一次情報で伝えることにより、これから介護転職する方が少しでも成功確率が上がれば良いなと思っています。

実際の体験者/利用者としては、しろくま介護ナビは数ある介護転職求人サイトや介護転職エージェントの中でも、安心できる良質な介護転職エージェントサイトと言えます。

是非転職に迷われている方は、しろくま介護ナビ公式ページをご覧になってみてください。

しろくま介護ナビは転職エージェントとして、ホワイト企業案件ばかり紹介してくれるため、利用者は転職失敗しにくいです。ただし、注意点も色々あるため、主にデメリットの部分を理解しておいてくださいね。

「自身の転職の軸」と「譲れない条件」がないと、満足の行く転職活動が出来ないので、介護職の転職希望者はまずはこの2点を決めましょう!

ですので、介護職の転職を成功させるために、もっと詳しく色々な転職求人サイトや転職エージェント情報知りたい方や介護転職失敗しないための方法の記事を参考にしてくださいね⇓

【2020年版】介護士おすすめ転職求人サイト&エージェントのランキング15選!徹底比較マッピング!介護士が転職するときのオススメ転職エージェントや転職サイト2020年版を紹介します。転職時にエージェント・サイトを利用すると、希望に沿った再就職先に成功する確立は高まります。転職サイトと転職エージェントの違いやオススメ全15選の一覧比較・特徴を解説します。...

こちらの記事で介護転職失敗しないための注意点など書いています⇓

介護士が転職を失敗しないためにすること!【全てがわかるまとめページ】今現在、介護士転職を考えている!今の仕事を本気で辞めたいと考えている。でも、実際に介護転職が初めてだから、失敗が怖いし、失敗したくない...辞めたいけど、転職したことがない。今の職場も辞めさせてもらえないかもしれない。このような方は、是非ともご覧ください。介護士の転職が失敗しないようにわかりやすくまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。 ...

よい介護転職が出来ますように!

あなたにオススメ関連記事