退職代行サービス

約10年正社員で務めた会社をパワハラ上司が原因で即日退職|注意点と正攻法を解説!

長年今の会社に務めてきたけど、もう限界…今すぐ辞めたい。即日退職したい。

悩み人
悩み人
  • 長年務めた会社だけど、即日退職できるの?
  • パワハラ上司に悩まされていて…憂鬱
  • 自分で即日退職を行う勇気がわかない

このような悩みを解決することができます。

長年務めてきた会社でも、辞めたくなるときがあります。もちろん嫌なことばかりでなく、楽しい・やりがいがあったりするからこそ、続けてきたのですが「もう限界!」と感じている人がいることでしょう。

かくいう私も「もう限界!」と感じて、10年勤務した会社を即日退職しました。
原因はパワハラ上司です。

そこそこ大手の企業で、憧れて入社したのですが、まさしく「働く前とイメージが違うかった」「会社も上司もパワハラ気質あり」と逃げたくなるような環境でした

同じような悩みの方
出来れば即日退職をしたい、でもする勇気がない。正社員でも出来るの?という不安や悩みがあるかと思いますが、正社員でも即日退職は可能です。

当記事では、パワハラ上司のせいで即日退職した経験を元に「違法性なく正社員が即日退職をする方法」について記事にしていきます。

当記事では「違法にならずに今すぐ会社をやめたい!」「今日・明日にでも即日退職したい!」と切実に願っている方の救世主「退職代行サービス」についてご紹介もしています。

▼オススメ退職代行サービスの詳細はこちら▼
関連記事:退職代行サービスおすすめ4選比較!即日円満退職!【辞めたくても辞めれない人必見】

僕は約10年務めた企業をパワハラ上司のせいで即日退職しました

表題の通り、僕は約10年務めた企業をパワハラ上司のせいで即日退職しました。

大手企業に新卒入社で頑張ってきたが10年目パワハラ上司のせいで即日退職しました

冒頭でもお伝えした通り、僕は新卒で正社員で入社して約10年務めた某大手企業をパワハラ上司のせいでうつとなり即日退職しました。

今は次の会社でイキイキと仕事をすることが出来ているよ!

最終的には僕も、パワハラ上司も両方辞めることになりました。その時の流れは「【うつ体験談】パワハラ上司を診断書で訴えて辞めさせた。」にて記しています。

実際に、会社に居とどまることも出来たのですが、パワハラ上司を放置していた会社に不信感しかなく、最終的には話合いの場なども持たずに「即日退職」をする状況にいたったです。

辞めたい・即日退職したい!と考えてからすぐに行動できなかった

うつで辛くて辞めたいと思っても全然、行動できなかったよ…診断書をもらってからは流行ったけどね!

実際には、「即日退職」が頭をよぎってから最初は全然行動できませんでした。

それは怖さでした。
その時の心境は下記の通り

  • 損害賠償請求されるのでは?
  • 即日退職を切り出すことが単純に怖い

なので、自分がすぐに行ったことは情報収集です。

怖さは即日退職できるケースを理解することにより、不安とともに解消されました。

正社員が即日退職できる3つのケースを理解しておく

僕のように正社員で勤務していて、パワハラ上司が原因で辞めたい方、似たような状況で「すぐに辞めたい!」「即日退職したい!」という方、安心してください。

即日退職する方法はありますので、ミスをしないために正社員が即日退職できる2つのケースを理解しておく必要があります。

正社員として即日退職を成功した僕が「即日退職できる3つのケース」を教えるね!」

細かくいうともっとありますが、ここではよくある即日退職できるケースを解説していきます。

正社員が即日退職できるケース
  1. 有給休暇が必要日数分残っている場合
  2. 会社から合意を得ることが出来た場合

では順に記していきます。

【ケース①】有給休暇が必要日数分残っている場

ケース①では有給休暇が必要日数分残っている場合だよ!僕はこれで即日退職したよ!

初めて調べる人からすると、即日退職をするための有給休暇の「必要日数分?」となるかと思います。

実は民法では「退職を申請してから2週間後に辞めること」が出来ることと定められています。

ここで2週間後まで有給休暇が残っていると、明日から会社に行かずに即日退職できるため、この日数分を必要日数分と表記しています。

といっても、わかりにくいので次の通りカレンダーでチェックしてみます。

上記の通り例えば、土日が公休で定められている会社を上図で5日に即日退職する場合は、5日の月曜日から9日までと12日から16日までの10日間の有給分があれば、4日に即日退職を申し出て、19日が退職日となります。

一気に有給休暇を取得して休むと引き継ぎなどが出来ない?

良い人ほど「もし自分がいきなり辞めたら、引き継ぎにこまるのではないか?」と考えてしまったりして、即日退職することに二の足を踏んでしまいます。

しかし、「即日退職」をしたい…と思う理由ってなかなか重たい理由が多いはずです。

そして、大半は上司・同僚・部下などといった会社に関係する理由です。
だからこそ、あなたがそこまで「会社」のことを考える必要がないかもしれません。

法律でいうと民法627条の1項で認められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法627条1項

この条文に、例えば「引き継ぎ必須」などのような表記があれば別ですが、そのような内容は他の民法にも適用されていませんので、ご安心ください。

それでも気になる場合
退職届を提出する前に引き継ぎを済ませるような動きをしながら円満退職できるようにすることもできます。

ただし、本来は条件が整っている場合の即日退職は労働者側の権利でもありますので、退職届の提出と有給休暇の取得で実質即日退職できるならそれで良いと思います。

人間関係などの会社に関わる問題などであれば、会社の責任ですからね。

【ケース②】会社から合意を得ることが出来た場合

ケース②では会社から合意を得ることが出来た場合は即日退職可能だよ!

ケース②は例外といえるくらい少ない事例になります。
なぜ少ないかは下記のやり取りを見ていただくと想像つきやすいと思います。

労働者側:「明日から有給休暇を消費して2週間後の◯◯日に辞めさせていただきます。」会社側:「そっか!今までありがとう!!」

…とは、なりませんよね…

なので、例外と言えます。
とは言え、合意がもらえるケースもあるということを知っておいてくださいね。

【ケース③】欠勤することが可能

ケース③では欠勤することが可能な会社であれば、即日退職できるよ!

欠勤できる会社と欠勤できない会社の違いを知っておきましょう。

  • 欠勤できる会社:「欠勤(2週間以内)」することにより懲戒解雇される旨を就業規則・社内規定において表記されていない会社
  • 欠勤できない会社:「欠勤(2週間以内)」することにより懲戒解雇される旨を就業規則・社内規定において表記されれている会社

欠勤しても、懲戒処分にあたる懲戒解雇があるかないかは基本的に「就業規則」にて確認が取れるはずですので、自身の社内ルールを確認して、「欠勤」することが出来るかどうか確認しておきましょう。

欠勤できる場合
欠勤出来る場合は退職日まで、有給休暇と併用したり、有給休暇がなければすべて欠勤扱いすることにより、即日退職することが可能です。

理解しておくべき点としては、欠勤の場合、欠勤日数に応じて減給されることが大半ということです。

明日から会社に出社せずに退職する正しい4つの手順

前項の内容では、「正社員が即日退職できる3つのケース」を説明しました。

この3つのケースに該当した方に向けて「明日から会社に出社せずに退職する方法」の正しい4つの手順は以下の通りです。

  • 【手順①】
    退職の報告準備をする
    正攻法だと最短で2週間後が退職日となる
  • 【手順②】
    直属の上司へ退職報告
    手段はメールや電話、LINE(社風による)
  • 【手順③】
    「直接」もしくは「郵送」にて退職届の提出
    郵送の場合は「退職届」だけではNG
  • 【手順④】
    最後にやるべきことをする
    会社への返却物を「直接」もしくは「郵送」+受け取る物をもらう

上記の手順1〜4をさらに詳しく知りたい方は、  を参考にしてみてくださいね。

勇気がない自分は「退職代行サービス」を使って即日退職を決行

即日退職は何も自分ですべて手続きを行う必要がありません。

退職代行サービス』という自身に代わって、退職手続きをしてくれるサービスがあります。2017年頃から流行りのサービスとなっていますが、実は20年以上前から存在するサービスです。

最近はブラック企業の労働環境問題や転職する人が過去より多いから、利用する人が激増中だよ!
僕は即日退職について色々情報を集めたんだけど、自分で「即日退職」を言う勇気がでなくて、退職代行サービスを使ったよ。

退職代行サービスを使ってあっさり「即日退職」

手続き、退職代行サービスの担当者とのやり取りは多くて大変かな?と思っていましたが、全然面倒ではなく、その日のうちに退職することができました。

なんか、悩みが一気に吹き飛んですごい楽になったから、僕のように即日退職したいけど、自分で言う勇気がない人は僕のように退職代行サービスにお願いすると本当に助かるよ!

利用した退職代行サービスはSARABAです。

参考:退職代行SARABA(さらば)悪い口コミや評判、詐欺は本当?リアル体験談や実際の利用者感想など【まとめ】

当記事のように、なんらかの原因で「今の仕事をすぐ止めたい!・即日退職したい!」と考えている方は退職代行サービスの利用を検討してみる価値はあると思います。

僕は自分で即日退職を申し出る勇気がなかったから、「退職代行サービスSARABA」に依頼したけど、本当にお願いしてよかったと心のそこから思ってるよ!

SARABA以外にも、オススメぼ退職代行サービスがあるので、ご紹介いたします。

20社より選びぬいたおすすめ退職代行サービス3選

退職代行サービスも全国のサービスを数えると、ざっと20社以上あります。

このサイトでは、その中でも条件を絞ってご紹介します。
その条件とは「成功率が100%」「万が一失敗しても全額保証」「業界内では大手(実績・認知度・安心)」「ボッタクリ価格ではない」から以下の通り抜粋しています。

  1. 労働組合が運営「退職代行SARABA」
  2. 認知度No.1「退職代行EXIT」
  3. セラピスト兼弁護士が運営「退職代行jobs」

順にご紹介します。

オススメ①:労働組合が運営「退職代行SARABA」

オススメ度:
公式サイト:退職代行SARABA

SARABAの特徴
  1. 料金プランが業界水準最安値
  2. 行政書士の在籍により書類作成・手続きがスムーズ
  3. 労働組合が運営
  4. 相談当日より退職代行実行が可能

上記の通り、SARABAは労働組合が運営しているため、賃金未払い問題をはじめ有給休暇に関する交渉やに関しても対応することができます。

弁護士法の違反の心配もないよ!

交渉権を持っているのは弁護士か労働組合団体だけです。
※交渉権がないものが交渉すると弁護士法の違反があります。

さらにSARABAの退職成功率は100%(2020年6月現在)なので、問題なく退職したい方は退職代行サービスだとSARABAの利用を一番にオススメします。

明日から出勤不要
公式サイト:https://taisyokudaikou.com
参考:退職代行SARABAのメリットや評判を確認

退職代行SARABA(さらば)悪い口コミや評判、詐欺は本当?リアル体験談や実際の利用者感想など【まとめ】退職代行SARABA(さらば)悪い口コミや評判、詐欺は本当?リアル体験談や実際の利用者感想など【まとめ】...

オススメ②:認知度No.1 退職代行EXIT

オススメ度:
公式サイト:退職代行jobs

SARABAの特徴
  1. メディア掲載実績No.1
  2. 近年の退職代行サービスブームの火付け役
  3. 無料の転職によくサポートあり
  4. LINEの相談対応・即日対応が圧倒的に早い

上記の通り、EXITは2018年に退職代行サービスの火付け役となり、現在最も認知されている退職代行サービス企業です。

火付け役となった理由には、SNSのバズがあり、そこからメディアに多数掲載された経緯があるためです。

おすすめ度がの理由は単純に利用料金が当記事のオススメ退職代行サービスの中では、少し高いことが理由です。

退職後のセカンドサービスとして、転職サポートを受けることにより、利用料金がキャッシュバックされるため、実質無料で利用可能

明日から出勤不要
公式サイト:退職代行EXIT
参考:退職代行EXITのメリットや評判を確認

【オススメ③】:セラピスト兼弁護士が運営「退職代行jobs」

オススメ度:
公式サイト:退職代行jobs

jobsの特徴
  1. 必要に応じて無料カウンセリングつき!業界初
  2. セラピスト弁護士が運営しているため、心のケアもおこなってもらえる
  3. LINE登録により退職・転職関連のフォーマット3種プレゼント
  4. 相談当日より退職代行実行が可能

上記の通り、jobsはセラピスト兼弁護士が運営している退職代行サービスのため、即日退職含む、退職代行業務をはじめとする賃金未払い問題、有給休暇に関する交渉やに関しても対応することができます。

現時点では「SARABA」と「EXIT」ほどの実績が目立っている状態ではありませんが退職成功率は100%(2020年6月現在)」なので、おすすめできる退職代行サービスの会社の一つです。

明日から出勤不要
公式サイト:https://jobs1.jp
参考:退職代行jobsのメリット・評判を確認

【退職代行Jobs(ジョブズ)】評判や口コミ!成功率100%&セラピスト弁護士指導で安心!ブラック企業も即日辞めることが出来る「仕事辞めたい!辞めたいのに辞めれない!」そんな方にオススメが『退職代行Jobs(ジョブズ)』です。今日はjobs(ジョブズ)の評判や口コミ!を参考にされて、ブラック企業を即日退職できるようにしましょう!...

退職代行で即日退職した人の体験談

前項でオススメの退職代行サービスを紹介をしましたが、今日はじめて聞いた人はよくわからないかもしれません。

詳しくは「退職代行SARABA(さらば)悪い口コミや評判、詐欺は本当?リアル体験談や実際の利用者感想など【まとめ】」をぜひ読んでみてくださいね。

簡単でいいから知りたいという方に向けて、下記に即日退職を利用した時の流れをまとめておきます。

即日退職することができた【自分の体験談】

僕はパワハラ上司に悩まされていたことと、会社に不信感が強かったため、退職時は最終的に「退職代行サービス」をつかって即日退職したよ!

その時「退職代行SARABA」を使ったのですが、即日退職までの流れは以下の通りです。

  1. 退職代行会社にLINE登録
  2. 5分くらいでLINEに連絡がくる
  3. 電話に切り替え「状況の細かな説明」と「即日退職の希望」を伝える
  4. 有給休暇の残り日数などの確認
  5. 明日以降会社に行かなくて大丈夫になり自宅で待機
    (会社からの電話にも出なくて大丈夫)
  6. 退職代行のSARABA担当者が会社に連絡し、折り合いをつけてくれて無事に成功
  7. 有給全部消化することも出来た
    (約2年分あったので20以上残っていました)
  8. 最後に書類のやり取りのみ行い揉めずに無事に退職

上記の流れで、簡単に即日退職することが出来ました。もちろんSARABAに依頼してからは一度も会社に行っていないです。

何より楽だったのが「なんて言おうかな…」「何を言われるんだろう…」「引き留めに合いたくない…」という心配をすることがなく、パワハラ上司と会社に疲れていたので本当に精神的に救われました。

退職代行サービスを利用する前に転職サイトに登録すべき理由

ここでのポイントは今後も他所で仕事をしたいと考えているなら「即日退職」する前に、転職サイト(エージェント)に登録しておくことをオススメします。

なぜなら、先に情報を仕入れたり、現在の転職市場なども知ることが出来、かつ間を開けたくなかったならば、すぐに転職を決めることもできるためです。

ちなみに僕は「doda」「リクルートエージェント」「ハタラクティブ」に登録したよ!

事前に、次の準備をしておくだけで、気持ちにゆとりが持てるため「即日退職」を考えている方は、転職サイト・エージェントに登録して次の仕事のために情報収集をしておきましょう。

退職できて、すぐに希望の勤務先がきまる流れは完璧な「即日退職」の方法だと思います。

【目的別】退職代行サービスの記事

おすすめの退職代行サービスを知りたい円満に即日退職出来る退職代行サービスおすすめ4選比較
即日退職の注意点や失敗しない方法を知りたい即日退職は違法?事例や注意点・失敗しない方法