ハラスメント(パワハラ等)

【経験談】パワハラ上司の10の特徴と対策!うつなどの病気になる前に知っておこう。

パワハラ上司って本当にひどいですよね。僕も過去にされたことがありますので、その気持ちが本当にわかります。

パワハラに悩む人
パワハラに悩む人
  • パワハラ上司の特徴を知りたい
  • 誰かにパワハラの相談をしたいけど、誰にすればいいのか..
  • パワハラ上司から逃げる術はないのか

上記の悩みを解決できる記事になっています。

正直パワハラの被害者は一生モノのトラウマになってもおかしくないと思っています。放っておくと、実際に自分の今後の私生活にまで影響してきますから…

でもこの記事にたどりついたからこそ、「パワハラ上司の特徴を理解して身構えること」と「無料で相談出来る場所」をしることが出来るので、逃げずにパワハラについて検索されたあなたは本当に毎日頑張っているのだと思います。

この記事をでパワハラ上司10の特徴を知ることで、未然に防げることがあるかもしれません。無料相談窓口を知ることで次のきっかけを作ることが出来るかもしれません。ぜひ最後まで読んでみてくださいね

パワハラ上司の6つの行動種類

パワハラを常習的に行っている上司には特徴があり、それぞれ行動種類を分けることが出来ます。

そしてパワハラを行う上司の大半は「強きに弱く、弱きに強い」いわゆるごますり野郎が多いのも事実。

クソやな!

実際のところパワハラされている人からすると、パワハラ上司は「豪胆」や「放胆」や「大胆」といったイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、本当は社内で問題になったり、自身に不利益が及ぶことを恐れている小心者が多いです。

真に強い人間はパワハラなんてしません!

もし真に強い人間という言葉を使うのならば、パワハラをされても「繊細」な気持ちを忘れずに、グッと堪えて耐えている人が真に強い人間なのです。

パワハラをする人が、そんなに強い人間じゃないからこそ、やり方さえ間違わなければ「追い込んだり、ぶっ倒したり、異動・退職させる」ことだって出来ます。詳しくは「パワハラ上司を追い込む!異動させよう!退職も可?!その方法を解説」を読んでみてくださいね。

では、パワハラ上司の6つの行動種類を確認します⇓

パワハラの
行動種類
内容男女どちらが多いか
身体的な
攻撃
・身体的な被害を受ける
殴られる、押さえつけられるなど
男女ともに
精神的な
攻撃
・精神的な被害を受ける
脅迫、侮辱、暴言など
男女ともに
過大な
要求
・業務上明らかに不要なことを強制される
上司をお迎え、業務とは関係ない話で長時間の電話など
男性に多い
過小な
要求
・能力や経験を度外視した程度の低い仕事の強制
仕事を与えない、管理職者に新人と同じ業務を課す
男女ともに
人間関係
からの
切り離し
・仲間はずれになるように仕向けられる
隔離、無視など
女性に多い
個の侵害・業務と一切関係ないプライベートにまで口出し
交際相手の事を詮索するように聞かれる、妻や夫の悪口を言われるなど
男女ともに

※上記の「男女どちらが多いか」は、退職代行サービスの担当者より、パワハラが原因で辞める人の相談数に基づいて結果を表記しています。

このようにパワハラでも上司の行動種類により、パワハラ自体の種類が分かれてきます。ご自身の旨に手をあて、上記のいずれに心当たりがあるかどうか冷静に考えてみてくださいね。

パワハラをされて耐えている人は、決して心の弱いわけではないため、自分を追い込んで逃げたり戦ったりせずに「うつ」になるケースも多くありますので、そうなる前に手をうつ術をつけるべくこの記事を読んでみてくださいね。

上記を踏まえて、パワハラ上司の10の特徴について確認していきます。

パワハラ上司10の特徴とは

仕事もなにもかもから楽しさを奪っていく「パワハラ」は本当になくなってしまえばいい!と心底願っています。

早速ですが、パワハラ上司10の特徴は以下の通り。

  1. 【特徴1】短気でイライラしやすい
  2. 【特徴2】言葉遣いが汚い・荒い
  3. 【特徴3】自分の職場内での立場の優位性の利用
  4. 【特徴4】偉そうで高圧的態度
  5. 【特徴5】業務を部下へ押し付け
  6. 【特徴6】機嫌・気分屋
  7. 【特徴7】仕事をしている「感」を出す
  8. 【特徴8】自分の実績や能力などを誇張する
  9. 【特徴9】自身の上司へのゴマすり
  10. 【特徴10】ターゲットを1人決めたら攻撃を辞めない

では順に見ていきますね。

【特徴1】短気でイライラしやすい

イライラを毎日周りにぶつけて発散&自衛しているタイプです。このタイプは建設的な話などほぼ不可能に近いでしょう。

短気かつイライラパワハラ上司の特徴は「常に自分が正しい!だから、自分の思い描いている理想が叶わないと自尊心が傷つけられた!」と考えている人がいること。

これはプライドが高いからこそ、傷づくのが嫌で自己防衛的な心理が働いているからです。

それと、全然違う種類になりますが、このパワハラの特徴の一つに「私生活でうまくいっていない人」もあてはまりやすいです。日々のちょっとした生活で発散することがないからでしょうね。

【特徴2】言葉遣いが汚い・荒い

言葉遣いが汚い・荒いパワハラ上司の典型的な特徴は、息をするレベルで「ボケ!」「バカ!」「消えろ!」「しね!」といった、人を人として見ていない心無い発言を平気でします。

おまえが◯ねっ!って言ってしまいそうになるな〜

言われている人の親の気持ちになってみると…

いたたまれない…ほんま筆舌に尽くしがたいわ。

言葉が汚い・粗いは「精神的な攻撃」に該当します。実際にパワハラ上司からこの攻撃をされて、うつ患者になり、診断書を武器にパワハラ上司を辞めさせた方法がありますので、よければこちらも読んでみてくださいね。

【うつ体験談】パワハラ上司を診断書で訴えて辞めさせる正しい方法!うつ患者が診断書や録音、LINEメールを武器パワハラ上司を実際に正攻法で追い込んで辞めさせた方法があります。正直パワハラの被害者はされている側しか、わかりません。何を言われても響きません...かつての私もそうだったように。この記事でパワハラ上司にあなたが潰される前に様々な対応ができるかもしれませんので、是非、最後まで読んでみてくだいね。...

【特徴3】自分の職場内での立場の優位性の利用

鯛場の優位性を利用することにより、簡単に相手のプライバシーに入ってくることをしてくるのがこのパワハラ上司の特徴です。

例えば、管理職についている上司が入って間もない新入社員にこんなことを聞くとします。

ねぇ初めての休みは彼氏とデートしたの?兄弟は何人いるの?信仰や宗教に興味はある?

新入社員からしたら、答えないと…ってなりますよね。でもこれは、「個の侵害」になりれっきとしたパワハラです。

このパワハラは上司が悪気なくして「ただ仲良くなりたい!」や「歓迎してあげたい!」という意思で、しまっているパターンも多いので、上司のみなさんは要注意です。

【特徴4】偉そうで高圧的態度

きまって偉そうで高圧的態度をとるパワハラ上司の特徴は、「自分は上司だから部下より偉い!」「部下に偉そうにして何が悪いんだ!」

上記のような感じで指示やアドバイスをされて、イラッとしない部下の方が少ないでしょう。当然ながら、偉そうな上司が部下を育てられるわけがないし、育てる気もないですよね。

と、この特徴の上司は本当に滑稽な姿ですけど、言ってしまえば、「偉そうな上司=よく吠える子犬のようなもの」です。

【特徴5】業務を部下へ押し付け

前提として、必要以上の上から目線があるので、業務を部下へ押し付けるのです。なぜこんなことをするのか、それは「苦労に見合うだけのリターンがない仕事」or[「ただ面倒くさい仕事」から部下へ業務を押し付けるのです。

気をつけて!シークレットパワハラってのもあって、「お前のためになるから!」などと言って相手を思いやっているフリをすることもあるよ

これは一見パワハラっぽくみえないところがたちの悪いところです。これもパワハラの一種の特徴ですので、覚えておいてくださいね。

【特徴6】機嫌・気分屋

【特徴1】短気でイライラしやすいとは似て非なるもの。

なぜなら「機嫌気分屋=毎日・毎時間」ではないです

一方【特徴1】の方は、ほぼ毎日です。

これは単純に、本人の思い込みが強く自分本位すぎるからですね。この根底には「機嫌が悪くても自分なら許される環境がここにある」と思っているからです。

言い換えるならば、「何をしても許される環境」ということ。

このパワハラ上司の特徴はクライアントの前など「自分のフィールド=いつもの環境」じゃないので、いきなりキレたり気分屋の部分を見せることはありません。あくまでも「いつもの環境=何をしても許される環境」の時です。

【特徴7】仕事をしている「感」を出す

「能ある鷹は爪を隠す」っていいますよね。
では、この【特徴7】仕事をしている「感」を出すパワハラ上司は爪を…

剥き出しとる!!

正解です。

そこまで長くない爪を精一杯出そうとしている人が多いです。そして、爪をだしているくせに、下記のような人が多いのも特徴の一つ

  • 人に言うくせに自分はやらない
  • 部下のミスの責任を取らない
  • 部下に責任転換しているだけ、自分が無能なことに一切気づいていない
爪をばっきばきに折りたくなるね

【特徴8】自分の実績や能力などを誇張する

実際にこのタイプのパワハラ上司の特徴は「肩書き」をすごく気にしている人が多いです。

例えばパワハラ部長に対して、「◯◯さん!」と呼ぼうものなら、「失礼なやつだな!俺の役職しってるよね?ちゃんと役職で呼ぼうよ?」と言った具合に、自分の実績=役職だとも捉えています。

年功序列制度が減ってきたとはいえ、まだまだ根付いている会社も多いから、決して実績=役職じゃないんだよね…

また能力に関しても「どう?!これすごいっしょ?!(パワポで簡単なグラフを作っただけ)」とまぁ、自分の能力をわかっていない人が多いし、すぐに誇張したがります。

コロナウイルスで多くの企業がリモートワーク(テレワーク)に移行した時に、一番使えない人間はこの類の上司だったそうな…

【特徴9】自身の上司へのゴマすり

わかりやすい場面では、「会議」などです。

例えば、会議でパワハラ上司の上司(部長)が意見を言うと、間髪を入れず、「まさに、部長のおっしゃるとおりです。私もその意見に全面的に賛成です!」「それは素晴らしい案です!部長はアイデアの泉ですね〜!」

という、歯の浮くようなお世辞を平気で口にします。ゴマすりとも言いますね。とはいえ、残念なのが「パワハラ上司がはびこっている会社」はお世辞で出世しやすくなっているブラック体質の企業が多いわけです。

なぜか
基本的に、「パワハラ上司」のことを会社は知っています。なのに、そんなクソみたいな上司を出世させるってことは…

わかりますよね。

【特徴10】ターゲットを1人決めたら攻撃を辞めない

これも典型的ですね。
パワハラ上司の特徴の一つに、「(その人が)言いやすいから言う」があります。

上司が部下に対してマネジメントする初歩的な手法の一つに「誰か一人を叱ることで、残りの全員に分からしめる」という手法があります。

ひとりひとりに厳しく指導するよりも、1をもって100を分からせるという手段だよ!古典的だけどね…

しかし、このやり方がうまく機能するには、出来の悪い人を叱るのではなくて、むしろ出来の良い人を叱ることでこそ、周りへの効能は深まると言われています。

この【特徴10】のパワハラ上司はこのマネジメントの本質を理解せずに「常に誰か一人をターゲットとして集中的に苛める」のが目的になっていることが多いです。

あとは単純に性格がクソ悪いかどっちかです。

このようなパワハラ上司を本当は打倒せたら気持ちが良いですよね。パワハラ上司と戦って、追い込みたい!異動もしくは退職させたい!と考えている人は、ぜひこちらの記事も読んでみてくださいね。

パワハラ上司を追い込む方法!人事異動も退職も可能!パワハラ野郎(上司)を追い込む方法を解説します!異動もしくは退職させることが出来るかもしれません!昨今○○ハラスメントに対して、世間の目は厳しいですが、それでもなくなりませんね。今日はそのパワハラをぶっ倒す方法をわかりやすく記していきます。あきらめないでくださいね!...

パワハラ上司の10の特徴のすぐに出来るコト

目次に戻る
まずは同じ土俵に立たないことは鉄板です。前述の特徴10の共通点は、「今の立場を利用している」ことです。

だからこそ、人事部やパワハラ上司の上司に言われることをすごく嫌います。

しかし、普通に人事部やパワハラ上司の上司に相談したところで、中途半端に本人に伝えられて、余計にパワハラが悪化することが往々にしてありますので、一番は相談窓口に言うことがオススメです。

パワハラ上司を追い込む方法を知っておく

パワハラを悩む理由の一つに、守るばかりの状況になっているからともいえます。

実はパワハラ上司は知識と準備さえあれば、正攻法で追い込んで退職させることが可能なので、知らない方は是非こちらの記事で追い込む方法と必要な準備をして心にゆとりをもたせましょう⇓

パワハラ上司を追い込む方法!人事異動も退職も可能!パワハラ野郎(上司)を追い込む方法を解説します!異動もしくは退職させることが出来るかもしれません!昨今○○ハラスメントに対して、世間の目は厳しいですが、それでもなくなりませんね。今日はそのパワハラをぶっ倒す方法をわかりやすく記していきます。あきらめないでくださいね!...

病院への受信が可能であれば診断書も武器になります

パワハラ上司を放置すると怖い事が、「うつ」などの病気になってしまうこと。

もし少しでも「うつ症状」を感じたら、すぐに病院にいって診断書をもらいましょう。この診断書+αのおかげでパワハラ上司を辞めさせることが出来た経験があります。

ちなみにうつ症状(こころとからだ)は以下の通り

【こころの症状】⇓

  • 抑うつ気分
  • 意欲低下(何事にもおっくうになる)
  • 不安・あせり
  • 消えてしまいたい
  • 突然泣きそうになる
  • 遠くへ行きたい
  • 会話・本・テレビなどの内容が頭に入らない
  • 興味や喜びの損失
  • 自分を責めすぎる

【からだの症状】⇓

  • 睡眠障害
  • 食欲が無い・食べれない
  • 吐き気がある
  • 疲労感
  • 倦怠感
  • 動機・息切れ
  • 仕事の日に身体が動かない

上記に該当する方は、「うつ症状」が出ているので、勇気を振り絞って精神科の先生にみてもらってください。現在は5人に1人はうつになると言われている時代なので、あなただけではないので、安心してくださいね。

診断書があれば、自分を守ることができます。診断書を元にパワハラ上司を一泡吹かせた経験談はこちら⇓

【うつ体験談】パワハラ上司を診断書で訴えて辞めさせる正しい方法!うつ患者が診断書や録音、LINEメールを武器パワハラ上司を実際に正攻法で追い込んで辞めさせた方法があります。正直パワハラの被害者はされている側しか、わかりません。何を言われても響きません...かつての私もそうだったように。この記事でパワハラ上司にあなたが潰される前に様々な対応ができるかもしれませんので、是非、最後まで読んでみてくだいね。...

無料相談窓口に駆け込む

パワハラ上司にただ耐えるだけでは、あなたが消耗して、最悪「うつ病」などの病気関連を発症してしまいます。完全匿名でいけるので、まずは以下の王道の2ヶ所に相談してみましょう!

パワハラ対応の相談窓口
  1. みんなの人権110番
  2. 総合労働相談コーナー

では、順番に見ていきます。

みんなの人権110番

ここでは主に、「ハラスメント」をはじめ、差別、虐待と様々な人権問題について相談を受け付けており、電話は最寄りの法務局・地方法務局に繋がります。

>>みんなの人権110番公式HP
>>電話番号0570-003-110(受付時間平日8時30分〜17時15分まで)

総合労働相談コーナー

総合労働と名の通り、「ハラスメント」以外にも解雇、配置転換、労働条件のほかにも賃金の引き下げや募集・採用についての労働問題に関するあらゆる分野の話をうけてくれます。

>>総合労働相談コーナーHP
>>電話番号は各都道府県により、異なるので上記のHPより確認してみてください。

無料相談窓口は行政対応になってくるため、対応までに時間などもかかることがあったり、電話がなかなかつながらないなどもあるかと思います。

すぐにでも対応したいときはなどに便利な無料で相談が出来る民間サービスで退職代行サービスがあります。

退職代行サービスでもパワハラ相談可なので検討すべき

役所より対応が圧倒的に早いので、パワハラ上司に困っていてすぐにでも相談したい人ほど、検討してほしいと思います。

退職代行サービスとは
自身の代わりに「退職の意向を伝えてくれて、明日から会社にいかなくていい」対応をしてくれる民間企業の退職手続きを自分の変わりに行ってくれるサービスです

退職サービスを利用される方の大半が、「今いる会社で何かしらモメている人」が多いです。ブラック企業をはじめ、ハラスメント系もそのうちの一つです。

でも退職しないといけないんでしょ?
いずれ退職したいと考えているなら、相談に乗ってくれるし、すぐに退職する話じゃなくてもオッケイだよ!

とはいえ、ブラック企業やパワハラが常態化している会社はいつか辞めたほうが良いですよね。もし仕返ししたい!と考えているなら、自分自身が辞めるだけでも相手は業務がきつくなり、仕返しにもなります

実際に、「いつか辞めたい」「辞める時には自分で言いたくない」「円満に退職したい」と考えているだけでも無料相談が可能です。

とはいえ、電話したくない…って人もいますよね。安心してください「SARABA(さらば)」だとライン対応もしているため、文章内での「パワハラの相談」も受けてくれます。実際に退職をする流れになって、料金を払うシステムなので、相談までは無料なので安心ですよ。

僕がよく知っている介護業界はブラック企業やパワハラが蔓延しているため、よく「SARABA」を使ったことがある人とよく出会います。内状が結構ひどい会社も難なく辞めることが出来ているし、無料相談ものってくれるのでオススメの会社です。

>>退職代行サービスSARABAにラインで無料相談する

その他の「退職代行サービスを見たい方・内容を知りたい方」はこちらを御覧ください

退職代行サービスおすすめ4選比較!即日円満退職できる【辞めたくても辞めれない人必見】介護職などに充満しているブラック企業も一発円満退職!!前職で退職代行サービスを利用したことのある実体験をもとに、辞めにくい職場も即日円満退職できる退職代行サービスおすすめ4選を比較解説します。 ...

まとめ

目次に戻る
パワハラ上司の10の特徴や共通点をまとめると以下の通りです。

  1. 単純に人として未熟
  2. ビビリ・不安
  3. 部下の責任を取らない
  4. 利己的
  5. セルフコントロールの術を知らない
  6. 仕事が出来ない

早急に出来るコトは以下の通りです。

  1. パワハラ上司を追い込む方法を知っておく
  2. 無料相談窓口に駆け込む
  3. 退職代行サービスの「パワハラ」の無料相談をする

パワハラ上司の特徴を10個知ってもすべて一人で対応して、改善させることは不可能に近いのは正直な話です。

しかし、一人で悩んで自責の念で「うつ病」や何かしらの病気になることはあってはなりませんので、今もしパワハラ上司で悩まれているなら、本日紹介した「相談窓口」や「退職代行サービス」を一度使ってみてくださいね。

そして、誰にでも好かれることなど目指さなくて大丈夫です。ましてはパワハラ上司なんかに好きになってもらうのはこっちから願い下げです。パワハラ被害者の方は人間関係にも疲れていると思いますので、一度羽を伸ばしながら休めてください。

それでは良い1日を!

カール・ロジャーズ氏の2:7:1の法則を知ると人間関係の考え方が楽になります。人に嫌われること前提【皆に好かれるを目指す人ほど疲弊する】どうもひろぺんです。 現在は飲食と介護2社の役員をしており、定期的に座学で社員教育やコンサル含め、社外教育を行っています。 ...