介護士転職のススメ

【転職を成功させる】現役介護役員が教える4つのポイント!介護職員以外も必見

どうも今日は転職アドバイザーになっているひろぺんです。

現役介護士、介護企業の役員である私から転職のポイントをお伝えします。

こんな悩みを解決する記事になっています

・転職したいけど環境を変えるのが不安だ

・いつ転職するのがいいんだろう

・結婚、子供など節目を機に転職

・転職の相談相手がいない

元転職エージェント役員、転職エージェント経由で実際にうちの会社に入ってくれた素晴らしい部下達からのヒアリング、介護の転職市場に精通している人物などから良い情報を仕入れることができたのでこの記事を通して皆様にフィードバックできればと思います。

この記事を読み終われば『転職に対しての考え方』『転職へのハードルが下がる』など転職に対して、前向きな考えになれるので、じっくり読み込んでください。

 

【成功させるポイントの前に】転職をする時の不安要素4つ

転職はマイナスイメージがある

日本では高度経済成長期から終身雇用制度』を採用し、労働者の長期的な確保、それと引き換えに従事者は長期的に安定した生活を得ることでwin-winの関係を構築していました。

転職がマイナスイメージというのはこういった暗黙の契約を一方的に裏切るようなイメージがあるのも一因ではないでしょうか。

「人間関係ができない」「根気がない」「嫌なことから逃げ出す」ってイメージも聞いたことがあるね

それは古い考え方で今は終身雇用もほぼ崩壊やし、スキルアップの為に転職する人が多いんやで

あとは単純に今より良い生活を手に入れる!って考え方もシンプルで良いね!

なんの設計もなく、考えもない転職は良くないで

知識や技術、将来の設計の為に自分のことは自分で考えて行動するべきだと思います。

悩む時間があるなら考える時間に充てて、行動しよう!

行動力の低い人が多いイメージの日本人
セミナーや自己啓発本などで内容に感銘を受けてる人は多数ですが、実際にそこから行動に移す人の割合は10人いれば1人くらいしかいないって言いますからね。

転職先の人間関係はうまくいくのか

人間関係に関しては自分だけではどうしようもないのは事実です。

だからといって、人間関係の不安のみが原因で転職しないのは非常にもったいない。

もし今の職場で人間関係に悩みがあるなら一度内部要因に目を向けてみて自分自身の棚卸しをしてみて治さないといけないことがもし見つかったのなら、次の職場からでも良いので意識してみると同じようなことはおきにくくなります。

人間関係に限らず、入社後の不安をゼロにすることは難しい

【介護職の場合】生の情報で不安を軽くしよう

まず気になった会社があれば面接の前に見学をすることをオススメします。

そこでは電話の対応、メールの対応を確認すること。実際の現場での対応とアポをしっかりとれば役職についている方とのお話ができます。

そこで感じるファーストインスピレーション【直感】は大事だね!

あと相手のファーストインプレッション【第一印象】も大事やわ!

実際に見学して他の職員がどんな感じで仕事をしているか、また自分を見てくる目や声をかけてくる様子をみて、役職のある人と話しをするだけである程度、予防線を張ることができます。

転職後に人間関係が問題になった場合の対処法

入社前に予防線を張っていても入らないとわからないのも事実

実際に悪くなった場合どうするべきか。まず言えることは頑張らなくていいです。

あなたにはあなたを必要とする職場が必ずあります。

その①:問題になった人間と距離を置いて仕事をする

その②:距離を置けないなら必要最低限の会話に留める

その③:話をする場合などは録音をしておく(あとで訴える事も可)

その④:それでも無理なら転職でOK

今より環境が悪くならないか

内定をもらったらまず確認できる5つの労働条件

:労働契約期間に関する事

:始業・終業の時刻、休憩時間、休日所定労働時間を超える労働の有無、休暇や交代制で就業させる場合の就業事項、夜勤時の休憩時間・労働時間

:就業の場所、従事すべき業務に関する事

:賃金の決定、計算及び支払い方法、賃金の締切と支払いの時期と昇給に関する事

:退職に関する事(解雇の事由もふくむ)

どれも大事やけど、自分が一番気になる点をちゃんと読み込んで気になる事は全部きかなあかんよ!

それだけで仕事を始めてから『こんなはずじゃなかった』を避けることができるね!

今の環境から悪くなりたくない部分をちゃんと理解し、確認できる事に関しては自ら行動して確認をすることにより、転職のリスクを下げることができます。

介護しか仕事をしたことないけど、他職種に転職できるかな

結論から言うと転職は可能です。
介護から他職種に転職して介護職を辞めてよかったと思える人も多いようです。

そして始めるタイミングに遅いとか早いもないので悩むなら目標と目的を考え、決めて今すぐにでも行動に移すべきです。

もしやりたいことがないけども介護職を辞めたい場合はスキルが身につく仕事につくと人生楽になりやすい!

・NG:そこでしか活かせない能力の職場

転職を成功させるポイント4つ

自分の棚卸しをして価値を見つける

自分の棚卸しをすることにより、普段気づかなかった価値をみつけることができるので
転職に活かすことができる。

自分の棚卸しってどのようにするの?

わかりやすいのは自分のストロングポイント(強み)を言語化することかな

長所を言うってこと?

んー似ているけど、少し深掘りするイメージ!下に書いてみるね

仕事に活かせる能力に当てはまるキーワードを選ぶとわかりやすい。

・自分に関係する力

・他者に関係する力

・問題に対する力

例えば

 自分に関係する力の場合

 継続力・忍耐力・探究心・主体性など

 他者に関係する力

 傾聴力・理解力・協調性・ホスピタリティなど

 問題に対する力

 分析力・提案力・論理的思考・課題抽出など

この3点について初めて掘ってみると意外な自分に気づきます

自分の価値を新たに発見して、転職に活かそう!

同じようにウィークポイント(弱み)も洗い出してみよう!

キャリアプランの見直し

キャリアプランは長期的にぶれずに成りたい自分になるために必要です。

転職を機に今一度見直してみることをオススメします。

わかりやすいのは1年後、5年後、10年後と短期、中期、長期と逆算して組み立てること。

重要なのは逆算して、組み立てる

確かに逆算思考でやるべきことに期日が発生するね

そう!細分化して計画を立てることができるから

転職は人生のターニングポイントになりうるから、見直しは必須だね

あとは仕事の方向性がかわる可能性があるけど、それは前進することだから問題ないよ

目標やプランは出来る限り具体的にできると良いです。

数値化していくことがベスト!

転職したい理由が明確

なんとなく転職するのはリスク高いため、目標と目的を定めると転職したい理由が明確になります。

(例)

転職の目標 転職の目的
年収を300万円から400万円にしたい 一年後に結婚をしたい

 

人によって転職したい理由は様々です。


理由に正解か不正解かは転職した人がどのように思うかが大事なので、ぶれない転職をするためにも目標から目的を把握した上で、転職したい理由を明確にすれば転職が成功する確立がグンッとあがります。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは今は転職する際に効率的かつ成功が高い。転職手法の1つと言えます。限にうちの部下達もエージェント経由が多いです。

転職エージェントって何?

簡単に言うと人材紹介サービスやで!

そういう会社いっぱいあるけど、私も転職する時は利用するべき?

そうやね!基本無料で登録できるところが多いから損はせんし
失敗したくないのであれば利用するほうが良いケースが多いで!

【まとめ】介護士転職エージェント・サイトおすすめ!16選徹底比較!『未経験/無資格・女性・派遣』と種類別もオススメあり!介護士が転職するときのオススメ転職エージェントや転職サイトを紹介します。転職時にエージェント・サイトを利用すると、希望に沿った再就職先に成功する確立は高まるため、転職の際には上手に活用することをオススメします!...

まとめ

漠然と転職したいな!1つずつ見ていけば、案外できそうと思えるはずです。

介護士でなくても使えるポイント4つだと思いますので、転職に迷われている方は自分を見つめ直してより自分マニアになることにより、良い転職につながるはずですので重い腰が上がらない方も1つずつ実践してみて下さい。

それでは良い1日を!

あなたにオススメ関連記事