投資・資産運用

つみたてNISA(積立NISA)はどんな制度?メリットは何?一般NISAとの違いは?【図解あり】

どうもひろぺんです。

自社の職員にも資産運用の重要性について、いつも説いています。

とはいえ自己責任の上で運用するものなので、あくまで自分のもっている範囲の知識を与え、本人が『知らなかった。人生損した。』とならぬよう、人生の選択幅を広げることを主としています。

このような方に向けての記事です
  • 資産運用をしたいが方法がわからない
  • 一般NISAとつみたてNISAの違いが知りたい
  • つみたてNISAは長期投資にむいてるのか?
  • 老後に備えたい

「つみたてNISA(積立NISA)」2018年1月から始まっています。

日本に住む20歳以上の方なら、基本誰でも利用することができます。では、今日は『つみたてNISA』と『一般NISA』の違いをわかりやすく、図解を用いて説明します。

つみたて(積立)NISAとは?メリットは?

投資にて得た利益に対して、税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかります(通常20.315%)つみたて(積立)NISAだと、これらが全てゼロになります

つみたてNISA最大のメリットは、上記の投資によって得られた売却益(譲渡益)や分配金の運用益が非課税になるという点です。

資産を運用して10万円の利益が出た場合で考えてみましょう。

この時、10万円(利益)×20.315%(税金)=TOTAL2万315円の税金がかかり、手元には約8万円残ります。

投資の税金を改めて、数字にしてみると意外とかかることに気付きますね。この意外とかかる税金は『つみたて(積立)NISA』であれば、約20%の税金がかからないということです。

つみたてNISAに税金がかからず、大変お得な制度はおわかりいただけたと思います。では『一般NISA』との違いが気になるかと思いますので、次は比較表を御覧ください。

*つみたてNISAも一般NISAも得られた利益が非課税という点は同じメリットですが、その他のルールで細かく異なります。

つみたて(積立)NISAと一般NISAの比較表【メリット】

なんとなく聞いたことがある人などは「一般 NISAとつみたてNISAはどっちがいいの?」と聞かれますが、結論どちらにもそれぞれメリットがあり、内容が異なるため、以下の比較表を参考にしてみてください。

一般NISAつみたてNISA
利用できる人日本に住む20歳以上なら誰でも
新規に投資できる期間10年間
(2014年~2023年)
20年間
(2018年~2037年)
非課税となる期間投資した年から最長5年間
(ロールオーバーを利用して最大10年間)
投資した年から最長20年間
年間投資上限額120万円40万円
累計非課税投資上限額600万円800万円
投資対象商品上場株式(ETF、REIT含む)、投資信託金融庁が定めた基準を満たす投資信託・ETF
投資方法一括買付、積立定期かつ継続的方法による積立のみ
資産の引き出しいつでも引き出せる
損益通算、繰越控除できない
金融機関の変更年単位であれば可能

比較①:つみたてNISAは『積立投資専用』一般NISAは『積立、一括共に可能』です。

『一般NISA』は、積立で投資すること、まとまった金額を一括で投資することどちらの投資方法も可能です。

『つみたてNISA』は、名称の通り、積立投資(定期的や継続的)のみ認められています。購入の頻度は選択できます。主な選択肢は以下の3通り

  1. 毎月
  2. 2ヵ月に1回
  3. 年2回のボーナスのみ

このつみたての頻度は自身が選択する金融機関によって、異なるため、投資前に確認するようにしましょう。

比較②:『非課税』で投資できる期間と上限額が異なる

非課税で投資できる期間は、『一般NISAは5年間』です。『つみたてNISAは20年間』となっています。

そして、非課税の投資上限額は、『一般NISAは年/120万円』まで
『つみたてNISAは年/40万円』までとなっており、より長期投資にメリットがある制度がつみたてNISAと言えます。

比較からの結論:一般NISAは投資経験者、つみたてNISAは投資初心者にメリット大

上記をまとめます。

【つみたて(積立)NISA】

非課税期間が長いため、値動きにあまり左右されることがありません。よって、『長期』『積立』『分散』投資に向いています。

投資初心者に大きなメリットがある制度です

【一般NISA】

つみたてNISAより、年間の投資上限額が多く一括で投資ができることが大きなメリットです。

投資対象商品が幅広いこともあるため、投資経験者で今まで 年間100万単位で投資をしていた人にとっては大きなメリットがある制度です。

さらに、つみたてNISAは金融庁が厳選した投資信託・ETFのみが投資対象になっています。現在販売中の投資信託は約6000本あります。投資初心者がその中から商品を選ぶのは困難であり、一つのリスクにもなります。

つみたてNISAでは金融庁の厳しい基準をクリアした約130本程度に限定されているので、投資初心者も選びやすくなっています。投資初心者にとっては、これも大きなメリットと言えるでしょう。

*金融庁が厳選しているとはいえ、利益が出ることを保証しているわけではありませんので、その点は留意しておきましょう。

あなたにオススメ関連記事