介護士の副業ブログ1年後の収益は10万?100万?介護職ワードは稼げない?副業介護士ブロガー目指す人は要チェック!

介護士がブログを一年継続してみたことをツラツラと書き記します。

悩み人

・介護士でもブログで稼ぐことができるの?
・今より月収を5万円や10万円挙げる方法を知りたい!
・副業でブログってどうなの?
・ブログをしたいけどおすすめのジャンルはやっぱり「介護職」のこと?

上記のような悩みや知りたいことを解決できる記事となっています。

元介護士

元介護士で副業ブログで成果出してIT企業に転職したよ!ノウハウは『フリファンブログ』にまとめてる!

現在、日本ではコロナ禍の中、さらに副業ブームに拍車がかかっているため副業をブログにしたいと考えている人も多いことでしょう。

皆さんが気になる介護士の副業ブログの「収益」「ジャンル」「どれくらいで稼げるようになるか」などもわかります。

今から、副業ブログを考えている方で本業が介護士以外の人にも「書いてはダメなジャンル・稼ぐことが出来たジャンル」や「1年頑張ったらどれくらい稼ぐことができるか」などがわかるので、最後まで是非よんでみてくださいね。

目次

『副業ブログ+本業』で1年で月10万円を稼ぎ『複業』にすることは可能

この記事を見てくださっている方はおそらく「ブログで複業で月数万円稼ぎたい!」と思われているからこそこの記事に辿りついてくれたのでしょう。では早速、一年継続したらどれくらい稼げるようになったのか…下記の通りです。

一年がんばったらなんと「ブログで月100万円稼ぐことが出来ました!」と言いたいところだったのですが、実際は「月10万円」でした。エビデンスは後述しますね。

ひろぺん

本業の稼ぎに10万円オンするだけで、見える景色がちょっとかわるよね!

老後に向けた毎月のつみたてNISA&iDeCo(満額なので2つで約5万円ちょい)を副業収入で賄うことができ、さらにお釣りが来る状態です。

元介護士

上記のように、結果が如実に現れると真面目に一年頑張ってよかったと思えるよね。

つみたてNISA&iDeCoが今までの水準のまま世界が成長してくれれば、老後までに楽勝で2000万円貯めることが可能なので、このまま副業収入が最低でも月5万円以上継続できれば良いと思っています。

人生において、収入の柱を複数もつことはリスクヘッジになるので、今後は益々「本業+副業=複業」のスタンスで日々の収益安定を図る方が増えてくるでしょうね。

ちなみにブログはオワコンと数年前から言われていましたが、実際はどうなのか…

結論から言うと、1年間継続すれば凡人の僕でも稼ぐことが出来たように、月10万円程度なら誰でも稼ぐことが出来ます。

ひろぺん

ただし、ブログを副業として稼ぐためには「扱うジャンル」がかなり影響するよ!

以前は副業で稼ぐためには、ブログは即金力がないためオススメはしていませんでしたが、1年我慢することが出来るのであれば、ありだと言うことがわかりました。

自分の周りでブログで稼いでいる人がいなかったので、当時は懐疑的になっていたこともあります。私は、ネットやyoutubeやTVなどのうまい話は、話半分で聞くスタンスなのでなおさらです。

しかし、今は違います。

自分で結果を出すことが出来たため、長期的目線ではオススメできる副業として言い切れます。

なので、上記の副業に関する記事は近いうちに「ブログは副業として長期目線ではあり!」として内容を修正しておきます。

1年で2つのブログ(サイト)を運営してみてわかったこと

実は、このブログ以外にもう一つのブログがあります。

ひろぺん

1ヶ月で10万円稼ぐことができるようになったブログはこの「介護士LAB」ではなく、もう一つの特化よりの雑記ブログです。

これは『フリファンブログを運営している元介護士のこびぃ』の成功を参考にして、ボクひろぺんも行動した結果です。

ひろぺんが主運営している2つのブログの現状は以下の通り▼

介護士LAB
特化寄りの雑記ブログ
  • 2019年6月開始
  • 記事数:188
  • 月PV数:1万回
  • 2019年5月開始
  • 記事数:190
  • 月PV数:10万回

上記の通り、介護士LABより雑記ブログの方がマネタイズに成功しています。

1年間どちらも運営したからこそ、上記の月売り上げや月PV数に大きな違いが出ている理由がわかりました。

ブログでマネタイズしたい方にオススメ出来ないジャンルの一つが介護関連

介護士が介護関連で副業ブログをしたいと考えているなら、全くオススメしません。

ただし、副業のためにブログを考えていない場合やアウトプットの場、もしくはどこかの誰かのお困りごとを解決するためにブログを書きたいならありです。

あくまで副業としての介護関連のブログがオススメ出来ないということ。

介護関連が副業ブログに向いていない」にはしっかりとした理由があります。

介護関連がブログに向いていない理由

  1. 介護職ジャンルの数字(需要)
  2. Googleのアルゴリズムの変化・アップデート
  3. 介護職のブログを収益につなげるための商材の少なさ
ひろぺん

簡単に説明すると、「介護職ジャンルの数字(需要)の低さとGoogleのアルゴリズム・アプデ=介護ジャンルが難しくなっている」からだよ!

では、上記①と②を順に確認します。

その①:介護職ジャンルの数字がブログに向いていない理由

まず副業(マネタイズ)のためにブログを書く時に重要視しなければいけないことは、大きく2点あります。

  • 書きたい内容に需要があるか
  • 書きたい内容に稼ぐことができる広告があるか

上記の条件が「良くない」ため、圧倒的に介護職や介護関連はブログで副業には不向きになっています。

どれくらい不向きなのか下記の通り。

▼キーワードが「介護士」の場合▼

参考:ubersuggest
現役介護士

1ヶ月14,800回の検索がどれくらい少ないかわからないよ!

ひろぺん

実際にもう一つの雑記ブログは「Mac Book」「メンズファッション」の2つをメインで書いているので、こちらを見てみるね

▼キーワード「Mac Book」の場合▼

参考:ubersuggest

▼キーワード「メンズファッション」の場合▼

参考:ubersuggest

上記の数字をまとめると次の通りになります。

項目1ヶ月の検索回数
介護士14,800回
Mac Book(ProとAir合わせて)447,000回
メンズファッション110,000回

介護士の1ヶ月あたりの検索回数の少なさがわかるかと思います。

単純に数字を比較すると1記事に対しての見てもらえる確率(期待値)が、介護士の記事より、「MacBookの記事の方が約40倍高い」「メンズファッションの記事の方が約8倍高い」数値となっています。

現役介護士

言い換えるならば、それだけ介護士の記事より、Mac Bookやメンズファッションの記事のほうが需要があるってことだね!

私の場合は単純に介護士のブログより雑記ブログのほうがPV数(見てもらった回数)が約10倍、収益が約5倍高い結果となっています。

単純に、検索で上位表示を取れたとしてもそもそも「介護職」に関わる月間検索回数が他のワードと比較しても、あまりにも少なすぎるためそこまでPV数が延びないため、収益化することが困難です。

その②:Googleのアルゴリズムの変化・アップデート

これはブログを運営していくと、Googleのプラットフォームに乗っかるからこそ一生つきあっていかなければなりません

Googleのアルゴリズム

わかりやすく言うと、Googleで検索をおこなった際、検索結果としてどのWebサイト・Webページをより先(上位)に表示するかの仕組みのことです。

Googleのアップデート

YMYLジャンルはGoogleでは、個人ブロガーが上位表示しにくいアップデートが施され、さらに公式や企業が運営しているサイトが上位表示されやすくなっています。

ちなみに、YahooGoogleと同じアルゴリズムなので似たような検索結果になります。ただし、マイクロソフト社の検索エンジンBingは異なるアルゴリズムを採用しているため、GoogleやYahooとは異なる検索結果が出やすいです。

YMYLジャンルと言われても、ブログやサイトをしていないと知らない言葉だと思います。YMYLジャンルとは次の通りです。

YMYLジャンルとは

  • 法律に関するページ(ブログ)
  • お金に関するページ(ブログ)
  • 医療に関するページ(ブログ)
  • 重要なニュース記事や公的情報ページ(ブログ)
  • ショッピングや金銭の取引を行うページ(ブログ)
  • その他YMYLに該当する可能性の高いページ(ブログ)

上記の赤色の部分は、「介護職の内容」に該当しやすい傾向があるため、基本的には公式サイトや企業サイトが上位表示されやすくなっています。

個人のブログやサイトでは検索結果で上位表示を狙うことはとても困難です。万が一出来たとしても、月間検索回数が100回程度のワードだと個人でも狙いやすいところはありますが、あまりにも労力に見合わないですからね。

ひろぺん

実際に、「介護職 ストレス」「介護職 虐待」を始め「介護職 ●●」などで検索してみると、たしかにサイトを運営しているところが個人ではなく、公式や企業ばかり。

是非、検索してみてください。本当に公式と企業のサイトばかりですから笑

「介護職ワード」とは異なり、例えば「MacBook テクニック」や「MacBook ●●」は個人ブロガーが書いている記事が上位にいるケースが多いです。

よって、このブログサイト「介護職関連」ともう一つのブログサイト「MacBook関連」を比較したらわかりやすいのです。

「MacBook」や「メンズファンション」の方が検索数が多く=需要がある、なおかつしっかり作り込めば上位表示もされやすいため、「介護士LAB」より、もう一つの趣味の雑記ブログの方がうまくいっているワケです。

その③:介護職のブログを収益につなげるための商材の少なさ

ひろぺん

これも需要の少なさと同様で結構致命的!

実際に、多くのブロガーがブログで収益を作るために行っている、収益施策は次の2点が大半です。

  1. Googleアドセンス収益
  2. ASPアフィリエイト収益

端的に説明します。

1. Googleアドセンス収益とは

記事途中や導入部分or記事最後の部分に貼り付けている広告を訪れたユーザーがクリックすると「1クリック●●円」入る広告収入の仕組みです。

Google アドセンス広告とは、赤枠の広告の部分です▼

クリックされると広告収入が入ります!

では、2. ASPアフィリエイト収益を見てみます。

2. ASPアフィリエイト収益とは

  • 【例1】
    介護士の転職には◯◯の理由があるので「かいご畑」がオススメです!(こういった広告です。*ただし、リンクすべてが広告になっているわけではない)
  • 【例2】
    「Amazon・楽天」で自分が買った商品を紹介したり、オススメで紹介したりしている部分の広告です。下記のようなリンクをクリックして購入してもらえると収入が発生⇓

介護職のキーワードアドセンスもアフィリエイトも収益化しにくい

アドセンス広告収益
アドセンス収益を取るためには、「PV数」が最重要といわれています。

前述の通り、介護関連のワードは需要が少ないため、PV数がかなり集まりにくいので、労力に見合わない報酬になっています。よって、狙うべき広告収入ではありません。

現役介護士

だから、介護職をメインでブログを収益化するなら必然的に②のASPアフィリエイト収益になるんだ!

ASPアフィリエイト収益
いかにユーザーの悩み解決の記事や気になることを書けているか&記事にあった広告があるか、がアフィリエイトの最重要な部分です。

これが問題で、介護職系に絞ってしまうとASP(簡単にいうと広告を探す胴元)のサイトにいって

「どんな広告があるかな〜」

って探してみると…介護職関連のアフィリエイト広告ってマジでほぼ転職系しかありません笑

だから、介護士ブロガーはこぞって転職系の記事を書いたり、文面の最後や間に転職系の広告を挟むことが多いのです。

転職系のアフィリエイト広告は悪いこと?

先に結論いいます。

転職系のアフィリエイトの記事を書くことは、全く悪いことではありません。

なぜなら、本当に嘘偽りなく、こんなサービスがあるんだよ!って宣伝してあげているだけにすぎないので。

芸能人のテレビCMなども思い出してください。あれもすべて宣伝広告ですよね。インフルエンサーもそうです。

転職系のアフィリエイト広告が悪くなるなら、上記のような芸能人やインフルエンサーが行っている広告行為もすべて悪いことになります。

ブロガーは単なる宣伝広告ではなく、その広告の信憑性や実際に使ってみた感想、使った人の感想・口コミなどを収集して、ユーザーがより脳内でイメージをしやすい状況を作るきっかけになるかもしれない記事をかいています。

それでも、介護系の転職アフィリエイトを悪と言うなら。

薬剤師でもないのにテレビCMでマイナビ薬剤師の広告モデルに人気女優「波◯さん」を使っているマイナビも薬剤師でない「波◯さん」なんて宣伝を貼り付けるブロガーより悪質で、袋たたきじゃ済まないですよね。

なので堂々といいますが、この介護士LABも何度も転職の広告を貼っています。

このブログサイトは現在『現役介護士、元介護士、介護企業役員』の3者がそれぞれの情報を集めて、自身の体験談や知人などの体験談を元に構成しています。

なので、1次情報、準1次情報を提供することができています。

勘違いしてはいけないのは、だからといってなんでもかんでも広告を貼ってはいけないと思います。

広告を貼る第一前提として、ホンモノの情報を提供することにより、読者のためになる情報を提供することが重要。

元介護士

ブラック介護施設だったから、前職は本当に辛かった。今はweb系の企業に転職したけど。

現役介護士

ずっと介護派遣で良いと思っていたけど、良い介護施設にあたったから正社員になりたいと思えて、実際にホワイト介護施設の正社員になれたよ!

転職をした結果、上記のようなことが自分の近くで起こっているわけです。

確かに、介護施設というか介護業界は主に「給与や環境などの待遇面」でクローズアップされたり、問題視されることがあります。

Twitterなどを見ていても、「介護施設にホワイトなんてないよ!」「月給35万円で年間120日の休日なんて嘘だよ!そんな施設ないよ!」といった声を見ます。

私からすると「本気で探せば、両方あるんだよ!」ってことを伝えたいのです。だから環境を変える行動をちゃんとしようよ!

転職をすることに二の足を踏んでしまい、チャンスロス(機会損失)を生み、挙げ句のはてに介護の仕事が嫌になって、介護職から離れてしまうことが残念でなりません。ただし、自身の人生にとって前向きな他業界への転職はもちろん大賛成。

だからこそ、少しでも転職の背中を押せる記事も書いているのがこの介護士LABです。

正直これからも「介護職関連」の記事はマネタイズできる気が全然しませんが、1人でも苦しんでいる誰かを救えたら良いなと思って介護士LABは継続していきます。

だからこそ稼ぎたいなら趣味や雑記のブログをオススメする

介護職のブログはマジでほぼ稼げないです。私自身一つの記事に約2〜4時間かけているのですが、介護士LABは188記事あるので、時給でいうと…オェ

ひろぺん

これはあかん。やべぇやつやな…

となります。

雑記ブログはジャンルによりますが、ほぼどんなジャンルでも介護職よりはPV数があつまりやすいので、アドセンス収益も上がりやすいですし、アフィリエイト広告収入も色々な物を紹介することができるため、伸ばしやすいです。

雑記ブログで、10万円に成功した収益の「エビデンス」を後述しますね。

介護職員ブロガーで月収100万円て見たことあるけどあれは嘘なの?

介護職を軸にしたブログは稼げない(稼ぎにくい)ことはわかったけど、実は「介護職員でブロガーで月収100万円」ってみたんだけど。

上記は読者の方から実際にお問い合わせできた内容です。

介護職員のSNS(メインツイッター)では、有名な某介護職員のブロガーで月収100万円達成している人がいます。ツイッターをされている方なら、ご存知の方も多いかもしれません。

実際のところ、「稼げたかどうかは本人のみぞ知る」話だと思います。

エビデンスもないので、正直わかりません。

ただし、Twitterをみていたらわかるかと思いますが「ポジショントーク」が多く、現役の介護士から多くの反感を買っています。色々な理由があると思いますが、チラッと覗いただけでも以下の通り。

  1. ダブルスタンダード
  2. 書籍では特定処遇改善についての誤認を堂々と記載
  3. 介護福祉士ではいのに自分を介護士と言っている
  4. 殺人事件を軽々しくブログにアップしている

辛辣な数多くの意見が散見されます。

個人的には、なんとも思いません。

しかし、下記のツイートのようにこと④「殺人事件を軽々しくブログにアップしている」に関しては、残念なのが平気で「介護殺人」という言葉を使っていること、そして「ご冥福をお祈りします」という一言も記していないところです。

介護職員というか、まず人としてどうなのかな。と感じ、胸が痛くなります。

まさに筆舌に尽くしがたいとはこのこと。

トレンドの記事は瞬間最大風速がすごいので、アクセスが簡単に稼げます。すなわち、収益にも直結。

『介護殺人』などというブログを書いて収益を上げて100万円なって果たしてうれしいのか…

最近マスメディアの在り方が問われていますが、この記事はまさに同じで、人の命が奪われています。この記事を書く前にこの遺族の方のお気持ちは考えられないのでしょうか。本当に倫理観が問われる部分だと思います。

正直、興味をそそりPV数を稼ぐためだけに書かれたようにしか見えませんからね…
上記は、介護職員で同業者としても残念でなりません。

なので、介護職関連で月100万円を稼ぎたいなら、彼のSNSとブログを見様見真似していくと、似たような数字をだせるかもしれませんが、彼のような手法はあまりオススメしたくはありません。

雑記ブログで月10万円の収益は数社からの合計金額

介護士LABは泣かず飛ばずでしたが、雑記ブログは順調に推移しています。
では、ここからはルール内で見せることが可能な画像をお見せしていきます。

アクセストレードアクセストレード:約40,000円

A8net:約38,000円

バリューコマース:約12,000円

楽天アフィリエイト:約1,600円

Amazonアフィリエイト:約500円

Googleアドセンス:約1諭吉+4野口
Googleは、収益報告は基本NGと厳しいので数字画像はお載せすることが出来ません。

それぞれの合計金額は以下の通りです。

ASP名収益額
アクセストレード約40,000
A8net約38,000
バリューコマース約12,000
楽天アフィリエイト約1,600
Amazonアフィリエイト約500
Google AdSense(アドセンス)約1諭吉+4野口
合計約107,000円
ひろぺん

なんとか1年で目標の10万円達成することができたよ!

ブログ収益10万円の月間収益バランスは『MacBookの周辺機器の収益が7割:メンズファッション系が3割』です。

雑記ブログも介護士LABも半年間は収益が0に近かった

今は2つとも収益化出来ていますが、半年間は正直収益が0に等しかったです。

収益が0円が続いきましたが、半年後に雑記ブログでは「1万 ➜ 1万 ➜ 3万 ➜ 5万 ➜ 7万 ➜ 10万」と順調にのびており、今月は6月11日現状で20万円に届きそうな勢いです。

稼ぐことが出来たブロガーを見ていると、ブログを始める場合は「半年間〜2年間は無収入を覚悟した!」と良くみるので、あながち間違いではないです。

ひろぺん

もしジャンル選定をミスしたら介護士LABのように1年間で2万円しか稼げないもしくはそれ以下の可能性があったからね!

あなたが副業ブログを書いて収益化を図りたいなら、「ジャンル選定は間違えないようにすること」がかなり重要です。

上記に関しては、改めて別記事にてどのようにジャンル選定するのか解説しますので少々お待ち下さい。

まとめ

複業でブログを10万円稼いでみたい!という方は、今日からでも遅くはありません。ブログの準備をして、実際に副業で稼げるようにして「本業+複業=複業」の黄金方程式を完成させましょう。

現状より、収益を長期的に5万円増加させるだけで積立にまわして老後の2000万円を確保することができるので、副業でブログに興味がある人は1年くらいの余裕を見てぜひチャレンジしてみてくださいね!

近いうちに未経験者でも誰でもわかる「稼ぐことが出来る収益を生み出すブログの開設方法」をご紹介しますので、そちらを確認しながら、収益を生み出すブログを一緒に作っていきましょう!

それではよい一日を!

元介護士

ボクが運営しているブログでブログの始め方やメリットを紹介しているから参考にしてね⬇⬇

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる