派遣介護士

介護士に無資格未経験で転職する人に派遣介護士をお勧めする理由とは?

介護企業役員をして、施設運営・コンサルをしているひろぺんです
  • 資格なし未経験でも介護士は正社員、パート、派遣どれがよいのか
  • 派遣介護士って実際どうなの?
  • 正社員にこだわりはない、とりあえず介護職でガッツリ稼ぎたい!

未経験や無資格でも介護士は、正社員になれることができる専門職業界です。しかし、はじめて介護業界に転職する人は正社員がいいのか派遣がいいのか迷う方も入ると思います。

今日は、未経験無資格の介護士として、派遣をオススメする理由を、自社の元派遣介護士からのヒアリングと、派遣介護士を雇い共に仕事をしている立場から、解説していきます。

この記事を読み終えることで、『未経験、無資格の介護士になる上で正社員雇用にこだわる必要が少なく、派遣介護士の多くのメリット』に気付ける、未経験無資格の介護士としての進む道のヒントになります。

是非、最後までお付き合いください。

*介護福祉士=介護士と認識することも多いですが、本記事において『介護士』表記は介護の仕事をする人全般を指しています。

介護士に未経験資格なしで転職する人に派遣をお勧めする大きな理由がミスマッチ

実際、現在介護士として働いている人の中でも、資格なしや未経験から転職や就職してくる人が多い業界やで〜

介護業界をなんとなく「きつい」「労働に対しての対価が〜」程度の知識で入ってくる多くの無資格者や未経験者で介護業界に足を踏み入れた多くの介護士は、短期間のうちに離職することが多い業界です。

もともと介護業界は離職率が高いことは、周知の事実として世間では知れ渡っているはずですが、未経験&無資格で介護士となった人の離職率は、さらに高い現状があります。

未経験無資格の介護士がすぐ退職する大きな原因の1つがミスマッチ

未経験無資格の介護士が、すぐに離職してしまう理由は様々ありますが、早期の退職・離職、転職の大きな原因の1つが職場とのミスマッチが挙げられます。

上記に限らず、介護業界では、介護職経験者や介護福祉士などの介護のメイン資格者保有者でも、このミスマッチが大きな原因で早期退職や離職・転職になってしまうケースがあります。

経験者でも、このような事態になるため、介護業界の事情をほとんど知らないような無資格・未経験者では、さらにミスマッチが起こる可能性が高まります。

私の経験上ですが、介護職から離れる方は、『介護の仕事は嫌いじゃない』人が実は多く、なんらかの他に嫌になる理由で離職される方が大半です。

このような離職理由は不憫でなりませんし、本人も不本意のはずです。

このような事態を避けるためにも、未経験かつ無資格で介護士として介護職に転職を試みる方は、自衛として働き方を工夫すると最悪の事態を避けやすい傾向にあります。

ミスマッチを避けるために有効なのが『派遣介護士』

そこで、このミスマッチを避けるために有効かつ、オススメできる働き方が「派遣」もしくは「紹介予定派遣」です。

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、派遣期間(最長6ヶ月)終了後、本人と派遣先企業双方合意のもとに社員となる働き方です。 一定期間「派遣」で働くことで実際の仕事内容や職場を見極められ、未経験でも希望の仕事に就けるチャンスがあり、 自分だけでは探せなかった企業に出会え、転職活動にかかる労力や時間も節約できます。

ちなみに企業側にもメリットが多いのが『紹介予定派遣』の特徴やで〜相手を見てから正社員に上げることができるから!僕もよく使う採用方法やねん

*なぜ企業が、相手を見てから正社員に引き上げたいかというと、企業は一度正規雇用をすると、日本の法律上なかなか解雇ができず労働者が強い仕組みのため

ですので、実際に派遣として働き『高時給』を手に入れつつ、実際の現場を吟味しながら、正規雇用先を探すことができます。

一般的には、派遣→正規雇用(正社員)の流れは難しいと言われていますが、こと介護業界に関しては、空前の売り手市場なのでこの流れがバッチリ決まりやすいです。

よって、派遣先の職場が気に入ればそのまま正規雇用先として、正社員で就職すれば良し!もし気に入らなければ派遣期間終了後に違う職場を、転職エージェントなどに斡旋してもらえば良いです。

もし派遣期間中でも、「ここはマジで無理」ってなれば、転職エージェント経由であれば依頼をして、次の斡旋先を探してもらえます。

このように派遣として働くことで、転職後に起こるミスマッチを避けることが出来ますし、良い就職先を探すメリットまでついてきます。

*前述したとおり、私の介護施設でも「派遣→正社員」はよく使うルートです。下記の記事にも一部記していますので、ぜひ参考にしてみてください。

介護士の転職に強い!転職エージェント・サイトのおすすめ4選|登録すべき理由介護士が転職するときのオススメ転職エージェントや転職サイトを紹介します。転職時にエージェント・サイトを利用すると、希望に沿った再就職先に成功する確立は高まるため、転職の際には上手に活用することをオススメします!...

知っていたほうが良い、無資格未経験の介護士事情

無資格未経験の介護士として、働く場合はこの無資格未経験の介護士事情についてある程度理解しておくことが重要だよ!

まずは、無資格未経験で介護士として、異業種から介護職へ転職した人のことを知ることで、自分自身の今後の姿を想像しやすくなります。

介護職は専門職ながら、無資格未経験でも介護士として勤務可能

資格なしで介護士になりたいと考えている人の多くは、最初に「無資格・未経験で介護職として働くことができるのか?」という疑問を持ちます。

結論から言うと、無資格でも介護士としてほぼ制限なく働くことが可能です。

ただし、訪問介護員の場合は「介護職員初任者研修」や「介護福祉士」といった介護職の資格が必要になってきます。

訪問介護員以外であれば、介護の有資格者とほぼ業務内容に変わりなく勤務可能です。

例えば、どういった施設が可能かというと下記の通り。

  • 病院
  • デイサービス
  • デイケア
  • 有料老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム
  • グループホーム
  • 老人保健施設

このように、さまざまな職場に勤めることが可能です。さらに、身体介護及び生活援助のどちらも行うことが可能です。

資格なし介護職の給料事情

無資格・未経験であっても、介護職として働くことは可能です。

ただ当然ながら、資格なしの人と介護資格を持っている人では、給料に差が生じます。以下に、無資格者と有資格者の収入の違いを記します。

資格名 資格なし 介護職員初任者研修 介護福祉士
月収(円) 261,600 285,610 313,920

引用元:厚生労働省:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果(介護職員処遇改善加算Ⅰ~Ⅴの届出をしている事業所)
このように、資格なしの人と有資格者では、月収で数万円の違いが生じているのが現状です。

上表の平均給与はボーナスも含んだ数字です。
介護士の平均給与を表記するときは、ボーナス込になっており高く表記されがち。ちなみに、他産業の表記時ははボーナス抜きの平均給与になっています。

*大人の事情…

ゆくゆくは資格を取得したほうが給料や待遇は良くなる

無資格でも出来るとはいえ、介護業界に腰を据えて、今後仕事をする予定であれば、資格取得を目指しておいて損はありません。

理由は、前述した「給料面」以外にも「環境面」「キャリア形成」において、必要になってくるからです。

ただし、資格取得は「介護職員初任者研修」でも10万円近くしますし、それ以降の「実務者研修」や介護福祉士の対策講義などを含めると20万円近く費用がかかります。

ミスマッチを回避しつつ、働きながら資格を無料で取ることができる「かいご畑」

無資格未経験者が陥りやすいミスマッチを回避しつつ、働きながら無料で資格をとれる転職エージェントとか!そんな虫のええ話…あるんですよ

そこでオススメ転職派遣エージェントとして『かいご畑』があります。

僕の施設にもかいご畑出身の元派遣介護士おるで〜
かいご畑

介護、保育、医療に長年特化していて、実績多数非公開求人有り!

未経験・経験者問わず、幅広く対応可専任のアドバイザー対応が良い!

オススメ
介護士の求人数 約1万1,000件以上 (2019年10月現在)
力を入れているユーザー層 男女20~50歳 *未経験者に特化*『無資格・有資格者共に可』
対応エリア 全国対応
募集職種 介護士(無資格可能)生活相談員、サービス提供責任者、介護事務、生活支援、調理補助、ケアマネージャー、訪問介護士、看護助手
雇用形態 正社員、契約社員、派遣、パート、紹介予定派遣など

詳細ページ公式ページ

『かいご畑』では、派遣介護のエージェントで大手企業では、未経験や無資格者を優遇しており、無料で資格を取りながら、働く事が可能です。よければこちらの記事を参考にしてください。

【かいご畑】

かいご畑はバックアップがすごい!口コミ・評判とメリット・デメリット|介護無資格者派遣も可能!徹底解説『かいご畑』は介護未経験・無資格者のバックアップに長けている転職サイトです。キャリアアップ応援制度により介護資格を無料で取得可能です。気になる『口コミ・評判』『メリット・デメリット』について、良い転職ができるよう徹底解説していきます。...

最後に

未経験や無資格で介護業界に飛び込む際は勇気がいると思います。

私も実際無資格未経験で約6年前にこの業界に入りました。

介護福祉士の資格をもっている人間が言うのもなんですが、正直介護の仕事に「資格」が必要なモノか、と問われると答えはNOです。

知識や技術ももちろん大切ですが、人と人が密に触れ合う介護業界には、もっと大切なものがあります。

とはいえ、少しでも給与改善や環境改善のために資格はあるにこしたことはないので、ゆくゆく取得できるように、まずは無駄な労力や時間を使わないようにミスマッチを極力防ぐ方法を取っていきましょう!

あなたの介護職員生活が良きものになりますように!

それでは良い一日を!

関連記事
>>50歳介護職未経験で年収500万~600万稼ぐことが可能!夜勤専従派遣介護士のマル秘チート術!
>>介護職に向いてる人の6つの特徴【介護職10年/介護施設経営6年の経験者が解説】
>>かいご畑はバックアップがすごい!口コミ・評判とメリット・デメリット|介護無資格者派遣も可能!徹底解説