転職失敗しないための方法

【介護の転職7つの方法】SNSを利用して紹介編〜メリット・デメリットを解説します

どうもひろぺんです。

先日【介護職の転職】後悔や失敗はしたくない!知っておくべき介護職の転職7つの方法!についてお話しました↓↓

【介護職の転職】後悔はしたくない!知っておくべき7つの方法!介護職の転職に限らず、どの職種の方でも『転職』は人生にとっての大きな転機であるといえます。 だからこそ、現況を変える勇気が出ない方もいるのではないでしょうか。今日はそんなあなたに「後悔、失敗しない」ために知っておくべき転職の方法を7つ解説していきます。...

そのうちの転職方法1つの『SNSを利用して紹介してもらい転職をするメリットやデメリット』を記していきます。
*SNSは主にツイッターを想定して記しています。

介護の転職7つの方法〜SNSを利用する編〜

介護施設で人気のある施設は、この人材が不足している業界の流れと逆行していて、実は常に人材が足りている事が多いです。

ただ人材が足りている施設でも、人材がほしいときがあります。

それは、新事業所、施設や新業態を展開する時やで
たしかに!施設としても、人材確保を失敗したくないから、もし知り合いでいい人おったら、面接担当者なら会ってみたい!って思うコトもあるもんな!
でもSNSを通して、本当にそんなことあるの?

私が見たことあるやり取りの一部抜粋↓↓

今の職場完全にブラックやから、次の転職探ししよかな〜
もしよかったら、うちの施設紹介するよ?ちょうど施設長が募集かける話もしてたし、うちホワイトに近いよ!

とこんな感じのやり取りです。&知人の施設でSNS経由で入社した職員をしっています。

うそやろ?!

いやマジです!

とはいえ、この記事の主題である「SNSを通じて紹介」は正直、個人的にそこまでオススメではない方法です。

「TL上で見たことがある」「知人の介護施設でその経験があり、成功している」ため「こんなこともあるんや〜」と1つの転職方法としてあると言うことを頭の片隅に置いて、読んでいただければ幸いです。

SNSを利用して転職する方はこのような方にオススメ

大きく3つかな!
  1. SNSでのやり取りの期間が短すぎない人
  2. 紹介してくれる人と実際にオフ会などであっている事
  3. SNSを通して転職する事に偏見をもっていない人

SNSを利用して紹介転職メリット・デメリット

この転職方法は、介護士として働いている方同士、もしくは相手が現役介護士、過去に介護士をしている人、自分はこれから初めて介護職をしてみたいと考えていて、SNSを通して深く交流があるケースが稀にあります。

どちらかと言うと、転職している側が『悩みやこれからのコトをつぶやいた時』などに、わざわざ心境・心情を汲み取ってくれる相手の方から『うちの施設は○○で言い所だから、働いてみる?』という、先方から提案などがあります。

ではメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット】SNSを利用しての紹介転職

  • 最初から、転職目的で絡んでおらず、仲良くなって転職の話になると『信頼しやすい』
  • 信用できる人なら『良案件』の可能性が高い
  • 相手の『つぶやき』などで、これまでシゴトに対してつぶやいて来たことや、施設に対して、考えているコト、感じているコトを知ることができる。

重要なことは、SNS内やオフ時の『関係性』です。

普段SNS上で絡み、コミュニケーションを取っているか、あなたが転職をすることをほのめかしたタイミングで、あなたのことを思って紹介してくれるケースがあります。

信頼できる人なら『良案件』の可能性が高い

全く絡んだこともない人なら話は別ですが、普段から仲良くしたり、オフ会であったこともあり、相手には騙すメリットが皆無やから『良案件』の可能性が高いね!

これに『情報商材的』な要素が含まれているなら、詐欺に近くなる案件ですが、そうではない場合は本当にあなたのコトを想い、あなたのために『良案件』を紹介してくれる可能性が高いです。

相手の『つぶやき』などで、これまでシゴトに対してつぶやいて来たことや、施設に対して、考えているコト、感じているコトを知ることができる

普段、その方が何を『つぶやいている』か見れるコトは大きいよ!

これはSNSの紹介ルートのアドバンテージではないでしょうか!

その方の『仕事観、普段の様子、仕事の愚痴の内容、介護or介護職に対しての考え方…etc』例えば、ツイッターはインフルエンサーになればなるほど、ポジショントークをしている人を見かけます。

もし、相手がそのような方でないならば、『言葉を選ばずに』心の声をSNSで発信しているのではないでしょうか。

だからこそ、自身の感度が高ければ高いほど、その方をはじめ、周りの環境・状況をある程度把握することが可能です。

【デメリット】SNSを利用しての紹介転職

  • 利用されているだけの可能性がある
  • 退職の仕方によっては、ネット上で今後の付き合い方が難しい
  • 場所が近場の人限定

以前、取り上げた友人・知人の紹介編と内容が、重複しますが施設によっては1人紹介するごとに紹介料を上げるシステムなどが存在するため、そのために利用されているケースなどがあります。

退職の仕方によっては、ネット上で今後の付き合いが困難になる

あなたが、やっぱりこの施設は…となると人によってはよく思わない可能性もありますよね。

そうなると、今まで楽しんでいたネットでのやり取りもできなくなったり、さらに良くないケースとしてはSNS自体を避けてしまうようになるかもしれません

とはいえ、あなたが、SNSとどのように付き合っていくか、付き合って行きたいかで、この問題は問題にすらならないかもしれません

場所が近場の人限定

これは、いわずもがなですが例えば、あなたが『沖縄』在中で相手が『北海道』在中で、「うちに働きにきてみる?」って言われても…ってなりますよね。

当然ながら、近場で通勤1.5h以内くらいの距離感でないと成立しない話になるので、ある程度把握しておく必要があります。

最後に

フォロワーの方が、本当に信用・信頼出来る人でなら転職方法の1つとして言ええるでしょう。

実際に、ツイッターのTL上で、そのような状況を見かけたこともありますし、知人の介護施設ではそのようなコトもありました。
*私は現在、諸事情があってツイッターの更新は止めています。再開したその折にはどうぞよろしくお願い致します。

こればかりは、あなたのSNS上での付き合い方や、どのようにしたいか、が大きく関わってきますので、オススメか否かは本当に人を選びます。

今回の記事の趣旨である転職方法を知る手段の1つとして念頭に置いていただければと思います。

メリット・デメリットを把握し、熟考した上で転職活動を行い、良い出会いがあることを祈っています。

それでは良い1日を!

関連記事>>【介護職の転職】後悔や失敗はしたくない!知っておくべき介護職の転職7つの方法!
>>しろくま介護ナビの『評判・口コミ』『メリット・デメリット』【ホワイト企業案件多数・ブラック介護施設から転職】
>>【エージェントおすすめ4選】介護士で転職をするなら、転職(派遣)サイトやエージェントに登録することをオススメする理由

あなたにオススメ関連記事