転職失敗しないための方法

【介護の転職7つの方法】友人・知人の口コミや評判の紹介編〜メリット・デメリットを解説します

どうもひろぺんです。

先日【介護職の転職】後悔や失敗はしたくない!知っておくべき介護職の転職7つの方法!についてお話しました↓↓

【介護職の転職】後悔はしたくない!知っておくべき7つの方法!介護職の転職に限らず、どの職種の方でも『転職』は人生にとっての大きな転機であるといえます。 だからこそ、現況を変える勇気が出ない方もいるのではないでしょうか。今日はそんなあなたに「後悔、失敗しない」ために知っておくべき転職の方法を7つ解説していきます。...

そのうちの転職方法1つの『友人・知人の口コミや評判を利用しての転職をするメリットやデメリット』を記していきます。

介護の転職7つの方法〜友人・知人の口コミや評判の紹介編〜

介護施設でも人気の職場はあります。実際に私の知人の運営しているグループホームやサ高住などでは、他施設から転職を希望してくる人があとを経ちませんし、そこの施設は離職率は5%を切っている有能施設です。

年収もいいし、休暇も多いし、残業ないし、人間関係わるくないからね!
そんな介護施設普通に人気でるわな!

このような施設で勤めている友人・知人の紹介で入れると本当にラッキーですし、信用・信頼のおける友達からの情報なら、一番オススメの転職方法です

友人・知人の紹介で転職はこのような方にオススメ

大きく4つかな!
  1. 紹介してくれる友人・知人が信用出来る人
  2. 一緒に働いても気にならない人
  3. 1人で決めることが難しいため相談をしたい人
  4. 先に施設の情報をすべて知りたい人

友人・知人の口コミや評判の紹介転職メリット・デメリット

この転職方法は介護士として働いている友人や知人の介護施設に空きが出たり、元々空きがあった場合に、その職場を紹介してもらうことがこの転職では多いケースです。

ではメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット】友人・知人の口コミや評判の紹介転職

  • 採用率が100%に近い!
  • 会社・本人ともに良い印象で入職可能
  • 人間関係・上司のコト・経営方針・雰囲気を聞くことができる
  • 手間があまりかからない

重要なことはこの友人・知人の関係です。仲が良い人ほど、あなたのことを思って紹介までいたっているケースが多いです。それと施設側にも思っている通りのことや少し良く言ってくれているケースが多いのが特徴ですね。

本採用になる確率は極めて高い!

一般募集によって応募した人より採用される確率が高い傾向!

この時の施設の目線としては、全く見ず知らずの人と比較すると、職員の友達・知人というだけで安心感を得ることができると同時に、消化できるくらいの介護士しての資質を持っているであろうと考えていため、良い印象を持っていることが多いです。

人間関係・上司・経営方針・雰囲気の情報を先に知れる!

外部からは知り得ない情報がGETできるよ!

これは友人・知人の紹介ルートで非常に大きなアドバンテージではないでしょうか!

その施設の情報を先に話聞いておくだけで「こんなはずではなかった」を防ぐリスクヘッジになりますから、危険性を下げることは大きなメリットです。

【デメリット】友人・知人の口コミや評判の紹介転職

  • 利用されているだけの可能性がある
  • 退職しにくい
  • 給与交渉含め、条件交渉しにくい
  • 何か合ったとき自分だけでなく、友人にも迷惑をかける
  • 友人に気を使ってしまう

重要なことはメリットと同じく、この友人・知人の関係です。さほど仲が良くないと警戒する必要があります。
施設によっては1人紹介するごとに紹介料を上げるシステムなどが存在するため、そのために利用されているケースなどがあります。

通常時でも退職しにくいのにより退職が困難になる!

介護施設は人材難の施設が多いです。本来は退職者が希望すれば、退職できるのですが、中々やめさせてくれない施設がありますね。

しかも紹介となると、人によっては紹介をしてくれた人に迷惑がかかる。申し訳ない。などの理由で退職せずに我慢をする人さえいます。

ある程度の期間、我慢をして働いた後に退職をしても結果的には同じなので、その間の我慢の期間が増すだけで良いことはありません。

良い人ほど、このスパイラルに巻き込まれるので、このリスクは重々承知した上で紹介をしてもらうことが良いです。

最後に

友人・知人が信用出来る人やそもそもその知人が働いている施設が近所でも評判の良い施設なら本当にオススメの転職方法です。

中にはデメリットにもあったように利用してくる人がいるため、あくまでフラットに考えれる人でないとこの方法はオススメできません。

よって、オススメか否かは人によりますので、今回の記事の趣旨である転職方法を知る手段の1つとして念頭に置いていただければと思います。

メリット・デメリットを把握し、熟考した上で転職活動を行い、良い出会いがあることを祈っています。

それでは良い1日を!

関連記事>>【介護職の転職】後悔や失敗はしたくない!知っておくべき介護職の転職7つの方法!
>>しろくま介護ナビの『評判・口コミ』『メリット・デメリット』【ホワイト企業案件多数・ブラック介護施設から転職】
>>【エージェントおすすめ4選】介護士で転職をするなら、転職(派遣)サイトやエージェントに登録することをオススメする理由

あなたにオススメ関連記事